環境自動車税?

総務省が2011年度に税制改正し12年度の創設を目指している「環境自動車税」。同税は、自動車税(地方税)と自動車重量税(国税)を一本化しようとするものだが、軽自動車が課税対象になった場合、軽自動車は現在と比べ4倍強の増税となる。

15日公表された「自動車関係税制に関する研究会」の報告書によると、研究会では軽自動車の規格は小型自動車に近く、安全面や環境面で比較しても
特段差異はないものと考えている。特に環境面においては、軽自動車と1000ccの
小型自動車のCO2排出量の平均値は軽自動車の方が排出量が多い状況という。

現在、自動車税では1000ccの小型自動車(乗用・自家用)にかかる標準税率は
2万9500円であるのに対して、軽自動車税が適用される四輪の軽自動車(乗用・自家用)
にかかる標準税率は一律7200円となっている。

だそうでw

エコカー減税で散々軽自動車を買わせておいて増税ときたもんだいw
なかなかヤルなぁ。

ま、タバコの時と一緒で最初に「今までの4倍になります」ってビビらせておいて最終的には2倍あたりを「落としどころ」に考えてるって楽観論もあるけどね。

でもさ、本当に「案」が通ったら都会の貧乏人は何とかなるけど地方は、どうやって生きてくんでしょ。

よし。
みんな20年前の中国みたく自転車に乗ろうwww

0

旧ブログ

Posted by