3号が、やらかした

3号の彼女にちょっかいをかけるヤツAがいて、そいつを直接やっちゃえばよかったんだけど、下級生Bを教唆して下級生Bにボコらせたもんでお詫びと取調べを受けに中学校に行ってました。

まだ日が暮れる前、学校から電話で連絡があったときAは親と校長同伴で病院に行ってるって聞いてイヤな予感がした。

面倒くさそうな親だなと。

いや、ウチだったら恥ずかしくて病院なんか連れてけないわ。
ツバでも塗っとけっての。

とりあえず3号は無理やり床屋に連れて行って頭を丸めさせました。

善悪は別に「ケガをさせた方が圧倒的に不利」って教えなきゃいけない。

それにも増して、Aはどうでもいいんだけど「下級生のBにボコらせた」ってのが気に入らない。

そんなの、どんな理由があっても傍から見れば「上級生が下級生を使って卑怯な事をしている」ってなっちゃうから。

夕方、学校から連絡を受けた時点では自宅待機を命じられていたのですが、迷惑承知で先生方に謝りに行かないと気が修まらず頭を丸めた床屋の帰りに中学校に寄ったわけです。

もう、日が暮れて真っ暗でしたが教職員の駐車場は満車でした。

担任の先生は、たまたま生徒指導担当なんですが既に実行犯のB親子を呼んで取調べしてたようで丁度よかった模様。

3号と別々に取調べして丁寧に矛盾点を探しては、その裏を取って。

今日びの先生ってのは頭脳明晰だね。

で、Aは口の中を3センチほど切ってたって。
そんなの、ちょっと太った時に自分でほっぺたの裏側を噛んでよくやっちゃうよ。

で、いろいろ取り調べしてもらって。

結局 今回は実行犯のBと教唆の3号が別人物で2人ともA宅に謝罪に行くと「言いぶん」が分かれた場合、玄関先で修羅場になるとの判断で(全く、ごもっとも!)Bが先に先生同行で謝罪に行こうという話になって先生がA宅に電話したら電話を切られたそうな。

というわけで、「今夜は一旦 お引取りください」と。

夜9時前かな。

先生たちには本当に申し訳ない事をしてしまったと同時に感謝でいっぱいです。

0

旧ブログ

Posted by