秋の朝

というわけで、ご近所の赤福本店。

私が、ちょうど今のウチの3号と同じ受験生だった頃

当時は神宮も低迷期で平日なんかほとんど観光客がいなかった。

私は、とりあえず志望校に合格できないと格好悪いのでヤンキーを中断して受験勉強をやってた時期もあった。

今も昔も「ご都合主義」であるw

勉強してて疲れたら近所の赤福本店にスタスタ歩いて行って、赤福を食べながらお茶を楽しんでいた。

風流な非行少年でもある。

それが今では、平日の日中も混雑であかん。

ただし、かろうじて朝の早い時間帯だけは店内でくつろげる。

朝5時からやっとるでw

魚でも野菜でも産地でないとわからない味ってあるよね。

あのピンクの包装紙に巻かれた赤福は「次善の策」であって、最善は店内でできたてのヤツを、これまた旨いほうじ茶で頂くのがよろしい。

できたてのヤツは3個で280円。

隠れた名物「赤福のお茶」は飲み放題だw

網のブログ-赤福網のブログ-赤福

本店は川っぺりにある。

ウチから川沿いにスタスタ歩いてくる。

網のブログ-赤福網のブログ-赤福

ウチの息子らを見てるとこういう「たたずまい」って理解できてるのか怪しい。

たぶん、わからんやろな。

ジェネレーションギャップって言うより、もっと大きな流れでの違いを感じる。

ここで紫式部や吉田兼好らとお茶を楽しめそうな気がするが、ウチの息子らとは10分も話が続かないと思う。

まさに日本人の断層だね。

逆に、子供らのオタク的な感覚がわからんわ。

頭の中に虫でもわいてるんじゃないかと思う事がある。

網のブログ-赤福

食いかけでゴメン。

0

旧ブログ

Posted by