悪夢を思い出した

今宵、遊んでいただいた皆様 ありがとうございます。

チャットは楽しいですなぁ。

何年やっても飽きませんなぁ。

さて、さっきの「部屋でされたことある」
「(元)女房発狂した」

の補足です。

てか、思い出しちまったわーーーー(泣

あれは、まだ私が20代だった頃の話。

私が藤枝でバラエティーショップと花火師を兼業していた頃、ウチが高校の時の同級生だった親友らの溜り場になってまして。

あいつら3~4日に1度はウチに来て酒盛りしてまして。

私は結婚が早かったけど仕事柄、毎日子供の相手をしていたせいか(純粋な意味での)子作りには全く興味が無くて、これは まだウチに子供がいなかった時の話です。

女房は、本当に こいつらの世話をよくしてくれました。私も含めて。

なもんで、どいつもこいつも調子に乗って。

だって「何年もの間、3~4日に1度 飲みに来る」って感覚的には「毎日」だぜ。ほんと。

で、常連のうちの一人、○○は酔ってくると寝ちゃうんですね。

飲んでる席で、そのまま横になって寝ちゃう。

で、寝ちゃったら季節によっては布団をかけてあげたり最低限の事だけして。

めんどくさいから。

で、事件が起きたその晩は○○だけがウチに来てたのかな。

それとも他のヤツらは帰っちゃったのかな。

忘れたけど。

で、自分は隣の部屋の寝床に行って寝たわけ。

当然、寝るから電気は消すわな。

(元)女房が横で「なんか水の音がする」とか言ってた。

「そうか。雨かいな」

zzz… zzz…

(元)女房の悲鳴!!!!!!!!!!!!!!!!!

私もワケわかってないが飛び起きる。

(元)女房が横になってる○○の腹を半狂乱になってボカスカ蹴ってる☆

彼女が指さす右下を見ると水たまり。

そこから、そのまま視線を上に移動すると「ふすま」には見覚えのあるできたての水しみがっ!

あ”-------------------------

そう。

寝ている(元)女房の顔から30センチと離れてない所にIが寝ボケて立小便をしたのでありました。

網のブログ-悪夢

A—ふすま
B—隣の部屋で布団を敷いて寝てた女房
C—事故現場

そんな○○はXX県最大のプロバイダーで部長職をしておりますw

0

旧ブログ

Posted by