ゆっくりしてっておくれ

石油ストーブ

毎年 この時期、悩ましいのが

「灯油の残量」です。

4月に入ってゴールデンウィークの直前でストーブをしまうまでに

今までの経験から大抵2日くらい寒い日があります。

ストーブをしまうまで、ドンピシャで灯油を使い切ると

何か「妙な勝利感」が味わえます。

そうそう、ウチの暖房は石油ストーブです。

所帯を持って最初の年「こたつ」だったんですけど

当時の女房も私も「こたつ」から出ない。

「こたつ」で寝てしまう。

など、深刻な問題が発生したので翌年から「石油ファンヒーター」にしました。

いずれ子供ができたときも安全かと思って。

でも、いっつも「ファンヒーターは不経済だし煮炊きできないから不便だよな~」って言ってて。

何年か経って長男ができたときはファンヒーター用の柵を買ってきて。

でも、長男の挙動を見てて、子供って思ったほどヴァカじゃないなって気がついたので

次男の頃には念願の石油ストーブに。

技術的には退化だけど、やっぱり煮炊きできるのは便利で経済的。

いつもお湯が沸いてるのは便利。加湿器にもなってるし。

というわけで、もうすぐストーブとも、しばしのお別れ。

あっという間に夏が来るんだな。

これが。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です