だいたいあってる

「オバマは、罪もない数多くの人々を殺した責任がある」--。

ドイツのザイバート政府報道官は2日朝、

ウサマ・ビンラディン容疑者殺害の報を受け、短文投稿サイト「ツイッター」にこう記した。

すぐに「ウサマ」と「オバマ」の名前と間違えたことに気づき、投稿を削除したが、既にインターネット上には拡大。

「これまでで最高のつぶやき」などと騒ぎになっている。

DPA通信は「興奮すべきニュースの中、間違えたのは報道官だけではない。

米フォックステレビも『オバマ・ビンラディンが死んだ』と間違えている」と伝えた。

http://mainichi.jp/select/world/news/20110503k0000m030081000c.html

まぁ「ありがちな話」ね。

たださ、暗殺してからすぐに水葬にしたって、なにそれ?

それって隠滅とも言いますよね。。。

それと、前から思ってるけど本当にラディンが悪人なのかね?

日本だって太平洋戦争の最中と敗戦後は世界から「悪い国家」って事になってたけど

敗戦から何十年も経って出てきた当時の資料を考察すると

実際のところは「悪い国家とも言い切れない」わけでしょ。

僕は「善と悪」とか、そういう幼稚な2元論については

「何だか怪しいぞ」って

青鼻をたらして仮面ライダーを見ていた頃から薄々気づいてた。

いろいろ見聞きして大人になってみると

やっぱり直感はだいたい当たってると思う。

「正義」や「平和」や「エコ」を振りかざす人らの「うさんくさい」こと。

そして、その言葉にイメージだけで盲従しちゃう多くの人。

だから、今回の事についても何だかいろいろ勘ぐっています。

でも、これを、こう言える日本はいい国だと思います。

とか言ってる僕がいちばん「うさんくさい人」やんか。

うぇ~ん。

0

旧ブログ

Posted by