ドライトマト

アブラナ科ばっかり食ってた春が過ぎると、いよいよお楽しみ時期が到来します。

先日、今年初の「トマト箱買い」をしました。

冷蔵庫にはトマトジュースが冷えています。

ウチで言うところの「冷暗所」食料置き場になってる階段の踊り場にはストックだってあります。

僕は無類のトマト好きで、この時期はトマトだけで食事を済ませる事も珍しくないです。

いわゆる「あったら、あっただけ食っちゃう」というやつです。

これから僕のことを「リコピン野郎」って呼んでください。

網のブログ-ドライドトマトさて、それとは別に、極め付けなのがドライトマト。

名前のとおりトマトを2つ割りにしてから塩干しにしたやつです。

こうやって見てみると
「あぁ、たしかにトマトってナス科だわ~」って感じの断面です。

ドライトマトはオムレツとかに使う時に熱湯で戻しますけど(戻し汁も使えるから捨てたらあかんで)

僕がおつまみで食べるときは戻しません。

塩っ辛いのを

そのまま、チビチビかじりながら酒を飲みます。

とても酒がすすみます。

安いし、日持ちするし。

腎臓が悪い人や血圧が高い人は「塩抜き目的」で熱湯で戻してからオリーヴオイルと、ほんの少しの刻みニンニクで食べるとよいかと。

0

旧ブログ

Posted by