昼間の花火師

花火っていうと誰しも夜の事しか思い浮かべないでしょうけど

花火の打ち揚げなんて、支度の時間に比べて ほんの一瞬。

「仕込みが大変」なんだな。

ラーメン屋かよって。

日本最大のPL花火なんか会社でホテルを丸ごと借りて3日がかりでやるけど、
まぁあそこは規模がデカすぎるから特別か。

東京の葛飾花火なんか藤枝を出るの朝の5時半だよ。

まぁ、規模と距離の兼ね合いだけど。

現場に着くと、快適だったクーラーとはお別れ。

花火現場になる場所なんて、ほとんどが日陰無いからね。

てか法令上、あったらいかんのよ。引火するから。

んで、地面を測って、束になった鉄のアングル杭を各ポジションに持って行って。

で、クソ重い大ハンマーでトンチントンチン地面に打って。

もうさ、強烈な日照りで作業開始から20分でフラフラしてるからさ。

慣れないうちは手滑らして杭を持ってる相棒の手を大ハンマーのフルスイングでかすめて怒られたり。

で、これまた重い鉄の筒(今は厚紙やFRPで超・超・軽量化されてる)を運んで、さっき打った鉄の杭に縄で縛って。

あの江戸時代の浪人とかが「わらじ」作ってる、あの縄よ。

で、単発だったら筒の仕込みはここで筒にフタして終わり。

スターマインだったら、ここから打ち揚げ用の火薬仕込んで、玉仕込んで、導火線を配線して

それから「防炎シート」っちゅう巨大銀紙でスターマインをくるんで。

だって、他の花火から予定外に引火したら、あかんやろ。
(たまに、やっちゃうけど)

ここまでで晩めしを食べられれば、その日は安泰。

というのも、何か番狂わせがあって仕込が遅れると「メシどころじゃない!」と。

まぁ、これは いろんな業界でも同じかw

でね。

その番狂わせ2凶が「忘れ物」と「雨」

雨は、大変だよ。

仕込が終わった花火は巨大な農業用のビニールで丸ごと包む。

火車も包む。

文字仕掛けも包む。

ナイヤガラだけは僕が入社して数年後に全部デフォルトでビニール入りになった。

さすがにナイヤガラだけは設置した後でビニールかけるの無理だわ。

で、運動会用のテントあるじゃない。先生とか来賓席とか放送部が使ってるの。

あれを順々に移動させて火薬を仕込むんだよ。

雨の作業は蒸し暑くて気持ち悪いけど

とにかくね、中止になっちゃうと金がもらえないから、

主催者が「中止」って言えないような雰囲気にしないとねw

ま、そういうわけで

花火の舞台裏を少しだけ書いてみたけど、

オチも用意してないわ、長いわで、ごめんなさい。

もう眠いから寝るわ。

明日の朝は忙しいから、今日 がんばってみた。

0

旧ブログ

Posted by