ゆっくりしてっておくれ

シーチキン

昔、「ちびまるこちゃん」の作者の「さくらももこ」さんのエッセイで

「静岡県民の朝食のおかずはシーチキンである」みたいなくだりを読んで笑ったことがあった。

まぁ、確かに「シーチキン」か「釜揚げしらす」または「前の日の刺身の残りのヅケ」だわ。

余談ですけど彼女は僕の妹が高校1年だった時に同じ高校の3年だったんですけど

「だからどうしたの?」といった感じでみっともない。

大変申し訳ないです。

網のブログ-シーチキン
まぁ、そういうわけでシーチキンのことを考えながらひとりで朝食を食べてまして。

どこの親も「歩く生ごみ処理機」みたいなもんです。

おかずは前の日の息子らが食べてた残り。

鶏のササミを茹でたのをゴマドレッシングで和えたの。

いわゆる「リアルチキン」を食べながらfakeである「シーチキン」の事を考えていたわけです。

僕が物心ついた頃、台所で何かしている母ちゃんに「なんでシーチキンっていうの?」って聞いたら

「海にいる鶏みたいなもんだからよ」だって。

当時の鶏の値段は知らないけど、きっとその頃の日本は

「魚は余ってるけど肉は贅沢品」だったのかね。

ま、「鶏は肉じゃねぇだろ」って関西人のツッコミは勘弁していただいて。

そして今や、ふと思えば価値は逆転しいて。

鶏ササミよりかビンナガマグロのほうが値段が全然高い。

かといって、鶏肉を何かの缶詰にして「岡マグロ」とか言う製品は、まだ出てこないけど。

それでも、世の中の移ろいを「いと、あはれ」に感じながら

もぐもぐと作業のように咀嚼を続けておりました。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です