マルガリータの刑

網のブログ
つい先日も書きましたが夏休みは「子供のいろいろ」で仕事が壊滅的に捗らない。

朝は掃除洗濯、畑の水やり。

これは毎日そうだけど。

昨日の昼前、やっと一段落と思っていたところに3号の担任から
「登校日に髪を染めて出てきた。バイトは特別許可を出したのにどういうことか」と、お叱りの電話を頂いた。

そりゃ先生の言うことは筋が通ってる。

僕も気付いていたんですけど「許容範囲内」でやりくりしているものと錯覚していたのがうかつでした。

「バイト特別許可」のライセンスが取り消されたら まだ夏休みも半分以上残っているのに10数万円の損害。

バイト先は県内で最も人にさらされる場所なので「隠れて」は無理。

3号には、いい加減「お詫びの作法」を教えてやらないとと思って。

謝罪に必要な3要素。

  • 「スピード」
  • 「目に見えるかたち」
  • 「そこまでやるか」の過剰な対応

というわけで「友達のところで黒く染めなおす」と電話口でいう3号に怒鳴りつけて学校まで迎えに行き

そのまま床屋に連行して

店員さんに「0.5ミリ。顔そり。洗髪ナシで。こいつの希望は一切聞かないでいいです」と伝えて坊主にしてもらいました。

これで親子ヘアスタイルはおそろいです。

で、その足でまた学校に戻って親子で生徒指導室に行ってお詫びを。

で、何とか「特別許可」は継続で。

で、その帰りに市役所に。

今度は1号の用事でござる。

海外農業研修という口実でオーストラリアに行くのでパスポートが必要。

戸籍謄本が要るのだ。

「日曜に取りに(ウチに)戻るわ」なんて、こっちも忙しいっての。

ところがさ、あれって「地元」じゃないとダメなのね。

窓口のおねいさんに教わって。

そういえばウチは隣の志摩が地元なもんですから。

というわけでウチの前で3号を車から下ろして、そのまま志摩へ向かう。

もう2時だったけど僕は昼メシ食ってる場合じゃない。

で、夕方 戻ったけど もう晩めしの支度をせねばならん。

いやはや。

残り少ないとは言え、毎日バタバタは尽きませぬ。

0

旧ブログ

Posted by