カラオケ屋の妖怪

カラオケは苦手です。

夜更かしも苦手です。

でも、サラリーマン時代に鍛えたと言いますか

付き合いは良い方なので

そういう機会があったら、ひょこひょこついて行きます。

というわけで、深夜にカラオケ屋に行くと「ひとりガマン大会」状態になります。

目から涙がボロボロ。

身体の内なる声と自然の摂理で閉じようとする「まぶた」をカッ開いて。

自己との戦いをしておりましたところ

そんな僕をさして

網のブログ-油すまし
「油すましに似てる!」と。

「なんかワラみたいなの着て」とか。

すき勝手言われました。

そういえば「油すまし」って、どういう妖怪なんだろうと思って調べたら

「熊本の妖怪で、彼について噂話をすると現れる」といったところだそうで。

「現れる」だけなんだよwww

他になにか悪さをするわけでもない。

そういえば、昔 お店のスタッフさんらと妖怪話をしてて

網のブログ-小豆とぎ
「あずきとぎ」の話題になったとき、
(「あずき洗い」とも言う)

「あずきとぎは、どんな悪さをするか」

「川っぺりで あずき を洗っているだけ」という話に大笑いしたことがあった。

それって全然怖くないぞ。

日本の妖怪って、ぜんぜん憎めないな。

0

旧ブログ

Posted by