ゆっくりしてっておくれ

だめ人間

網のブログ
夏休み最後の日がやってきました。

小学生だった頃、1年のうち最も恐れていた日です。

夏休み開始直後は「誰々の家に集まって宿題やろう」ってなりますけど

結局、友達のお母さんにカルピス出してもらって

後はダラダラしてた記憶しかありません。

それと、僕は当時から大変素直な心の持ち主。

「貴重な夏休みを宿題なんぞで費やすのはイヤ」

というわけで

始業して宿題をやっていないヤツは立たされて居残り等を命じられるわけですけど

そのうち先生も面倒になってきて、うやむやで済むというか。

ま、せいぜい放課後2~3日の辛抱なんです。

なもんで、そっちを選んでいました。

のち、会社員になっても、そんなヤツでしたけど

三つ子の魂 百まで。

既に小学生からそういうヤツだったわけです。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です