権威ある稲刈り

【おおぅ!ブログ記事500号や】

神宮には専用の田んぼとか、畑とか、塩製造所とかがあったり

のしアワビや干鯛の調製所があったりします。

日本の食文化の伝統を守る意味で価値あることだと思います。

そうそう、のしアワビって知ってるかい?

贈答品に「のし紙」かけるでしょ。

あの左上にあるマークみたいなの。

あれ、もともとはアワビを外周からヒモ状に薄くむいたのを干したやつ。

いわゆる「あわびジャーキー」の切れっ端なのよ。

大昔は贈答品の象徴だったんだね。

印刷だと味気ないね…

志摩と鳥羽の境目にある国崎(くざき)っていう村のが神宮御用達。

さて、本題に戻って。

網のブログ-神宮神田

周りの田んぼから2週間おくれて神宮神田でも、ひっそりと稲刈りが始まりましたよ。

網のブログ-神宮神田

コンバインと、すげ笠をかぶった「おばやん」がハイブリッドで稲刈り作業しています。

網のブログ-神宮神田

これらの稲は神宮の神嘗祭(かんなめさい)で使用されます。

いわゆる収穫祭というやつですか。

神仏が大嫌いな僕も、こういう収穫に感謝する祭りは

おおいに主旨に賛同できるので素直に感謝します。

ちなみに神宮では10月の15日から17日にかけて祭祀をやるようです。

0

旧ブログ

Posted by