読者特典をご用意いたしました

ウチの工事も、いよいよ残すとこわずか。

昨日は家の外装をクリーニングしてもらいました。

これで、年末の掃除は窓の外を拭く手間が省けました。

で、なんか えらく寒いので朝イチで最低限の仕事をしてからスーパー銭湯に出掛けました。

温まって気合を入れてから仕事に挑むというわけです。

ウチの風呂さ、2階にあるんだけど

外装の工事やら何やらやってるから、なんか悪いじゃない。

寒い外で仕事させといて自分は風呂に入ってるっての(偽善者)

そういうわけで500円払ってスーパー銭湯に漬かりに行きます。

で、強力なジェット噴流を背中に浴びつつ外の紅葉を見ていたら雪がチラホラ。

こっちでも初雪ですな。

というわけで、子供たちも身を切るような冷たい風にさらされて帰ってくるでしょうし

今夜はトン汁にしようかと。

ショウガをたっぷり入れたトン汁。

帰りに肉屋さんに寄ったら、いい話を聞きました。

先日の品評会で例年よりさらによい牛を落としたそうです。

その肉屋さんは、ちょっと変わってて牛は松阪牛しか置いていない店なのね。

なもんで、少し前までは当たり前というか公然の秘密だった「混ぜる」とかが物理的に不可能なのよ。

コンプライアンスがどうのこうの言われるずっと前から当たり前の事を真面目にやってる。

そのくらい松阪肉に惚れ込んでいる店が例年、暮れに「気合の入った松阪肉」を仕入れるのね。

松阪肉でもグレードがあるんだけどさ。

「特産 松阪肉」ってのが松阪肉の中でも最高級のね。

網のブログ-肉

ここで、ちょっと説明しとくと

松阪肉ってのは車で言うとチューナーなわけよ。

メルセデスベンツにはAMG、BMWにはアルピナとか、メルセデスなら工場から直接AMGの工場に製品を出して、そこでさらに手工業に近い方法で仕上げてバカ高い値段でAMGの製品として出荷されるじゃない。

いわゆる二次加工品なわけよ。

なもんで、松阪肉でも元の牛によって品質に差が出てくるわけ。

で、その「特産」ってのは元の牛が但馬牛なのね。兵庫県。

一般的な松阪肉は但馬系の黒牛なのは同じだけど九州の牛とかなのよ。

その「特産」の但馬の但馬牛ってのは「エサばっかり食って、あんまり大きくならん」だそうで。

で、まぁ その「特産 松阪肉」をこの時期に仕入れるんだけど、今年は「特にいいの」を落とせたそうで。

いや、ボージョレワインじゃないから毎年「今年は例年にない作柄で最高の・・・」じゃないぞ。

真面目な話、肉好きの人にはチャンス!

松阪肉専門店が驚いているくらいの肉。

でさ、ここに そのお店のサイトへのリンクを貼りたいんだけど

アクセス解析入れてるからこのブログがバレちゃうわけよ。

お客さんの悪口、書けなくなっちゃうでしょw

なもんで、興味のある人は連絡先を個別でご案内しますわ。

あ?値段?

部位やグレードで違うから一概に言えないけど

こっちの地元民が普段使いしているお店なので、普通の値段です。

ネットでも店頭と同じ価格で表示しています。

他店で買うのがアホらしいくらい普通の値段です。

あぁ、一応言っておくけど お店からマージンも何ももらってないよ。

0

旧ブログ

Posted by