ゆっくりしてっておくれ

あけまして なんとやら

はい。

あけまして、おめでとうございます。

日本のバチカン、伊勢からコンニチハ。

せっかくですので、読者様にはリーズナブルに参拝した気分になれるよう

網のブログ-神宮
ウチの屋上に上って神宮の方の写真を撮ってきました。

どうぞモニターに向かって好きなだけ拝み倒してください。

ウチの1号は例年のとおり昨日の午後から今朝の6時まで、夜通し神宮近辺の(その中では一番遠いが・・・)お店で松阪肉の串焼きや、焼きガキを売ってました。

今は3階で仮眠してます。

また昼頃出勤です。

2号はバイトせず、一昨日から婿入り先のお宅で過ごしています。

もう「よその子」扱いです。

3号は、これまた小学生の時から恒例の、神宮のまん前にある某宅で夜通しお世話になっていて帰ってきません。

聞くところによると、その夜通しメンバーの中に去年から中学校の時の若い先生まで加わって泊りがけで遊んでいるそうです。

楽しい非常識です。

網のブログ-シャトルバス
さて、私らがこっちに住み始めた10年前は、もう交通がメチャメチャで、車で外に出たら決して戻れないような状態でした。

しかし、高速道路で来る人らを無理やり近郊の巨大駐車場に誘導して、そこからシャトルバスを出して。

で、神宮まで片側2車線のうち1車線をシャトルバス専用にするわけです。

最初のうちは「なんにも渋滞が緩和されん」って思ってたのですけど

年を追うごとに効果が出てきて。

まぁ、ウチの親の家との往復くらいは土地勘さえあれば、何とかなるまでのレベルになりました。

網のブログ-交通規制
お昼には、親の家に行こうかと思ってます。

甥っ子らが来ていると思うのでお年玉をやりに。

弟の子らは4人いるからキツいです。

ま、さんざん こっちの状況を話しましたけど

皆様におかれましては

どうか、よい年になりますよう

心からお祈り申し上げます。

などと、心にもない事を軽々しく言って無難にシメようと思う自分の心が卑しく感じますけど

そういう事をわざわざ元旦に言ってまわるのも

悪い意味で、かつての「一休さん」一休宗純(いっきゅうそうじゅん)みたいな。

元旦に髑髏をつけた杖をついて「ご用心!」って歩き回った逸話を思い出しました。

何を言ってるか、わかんなくなってきたので

新年の挨拶は、この辺にしときます。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です