冬は、つとめて

雪の降りたるはいふべきにもあらず。

霜のいと白きも、またさらでも、いと寒きに、火など急ぎ熾して、炭もて渡るも、いとつきづきし。

昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、火桶の火も、白き灰がちになりて、わろし。

いや~

ふとんから出るのに勇気がいる時期、真っ只中ですね。

「このまま、ずっと永遠にふとんの中に住みたい・・・」とか頭に浮かんできますけど

その考えを振り切って

「あらよっ!」って気合を声に出しながら飛び起きます。

で、おしっこをガマンしながらストーブの前にしゃがんでチャッカマンで点火して。

そうして、冒頭で引用した枕草子の一節を思い浮かべては

時代が変わっても、人の営みは あんまり変わらんな~って

尿道を開放しつつ、想いを馳せます。

     (゚Д゚ ):. _ かけてよし!
    r’⌒と、j   ヽ
    ノ ,.ィ’  `ヽ. /
  /       i!./
 (_,.         //
 く.,_`^"ー-、_,,..ノ/

    /(*゚Д゚) かぶってよし!
    / :::У~ヽ
   (__ノ、__)

        '⌒⌒’⌒ヽ  まるまってよし!
     (゚Д゚* ),__)

          ( ゚∀゚ ):. _ フトンサイコー!!
         r’⌒と、j   ヽ
        ノ ,.ィ’  `ヽ. /
       /       i!./
        (_,.         //
      く.,_`^"ー-、_,,..ノ/

0

旧ブログ

Posted by