あえて

網のブログ
先週は日本各地で雪が降ったそうですけど

こっちではホコリのようなのが少し舞った程度でした。

子供の頃、雪が積もった日に「あえて」隣町の駄菓子屋に1人で買い物に行きました。

「あえて」ローラースケートをはいて。

積もった雪の上を歩くのにローラースケートは何の役にもたたず。

というか、むしろ邪魔だったですけど

買い物をして、家に帰るまでローラースケートは履いたままでした。

きっと、いつもどおり もうすぐ暖かい春がやってくるでしょう。

誰かが蜂の巣をみつけると「近所のガキ情報網」で、あっという間に伝達されます。

蜂の巣をつつくと宇宙モノSFの母艦が攻撃された時のように

蜂の巣から、たくさんのハチが出撃してきて、かなりの確率で刺されます。

でも「あえて」それを覚悟で蜂の巣を黙って見過ごしません。

練馬の家は狭かったので2段ベッドの上には妹、下には僕が寝ていました。

ベッドに入って壁の方を向くとコンセントがあって。

そこにピンセットを突っ込むと青白い火花を散らしてスパークします。

母ちゃんが買い物に出掛けた後で、心ゆくまでスリルを満喫。

いつかここで書いたけど。

「あえて」しなくてもよい事をしたがる。

人は、なぜ「あえて」結果がわかっている事をするんでしょうかね。

あえて人生に負荷を加える。

一種の変態なんでしょうか。

0

旧ブログ

Posted by