こちらのうどん

最近忙しいので土曜も仕事をしている日が多いです。

でも、土曜ってお客さんから電話がかかってくる確率が低いから仕事の効率が上がると言いますか。

お昼はウチから歩いてすぐの某食堂で。

○○うどん(こちらの地名が入る)って「まずい」し暴利なので、

僕的には「よその人らには食べてもらいたくない郷土食ナンバー1」なんですけど

ここだけは例外です。

麺は店主が手打ちしています。

四国でよくある「機械を使った手打ち」じゃなくって、本当に麺棒だけで毎日打ってます。

「手打ちだからうまい」というわけじゃなくて、買ってきた麺だって麺専業のメーカーが年がら年中 工夫を凝らして麺を作っているんだから、それはそれでいいと思います。

下手な手打ち麺なんかよりメーカーの麺の方がよい場合だってあるということです。

でも、ここの麺は うまいですよ。

で、お店のもの全部を通して、化学調味料を使ってないとか、野菜もなるべく自前の畑で採れた物を使っています。

だけど店主は、その事を宣伝に使わないんですわ。

たとえば「調味料はキャリーオーバーなんかあるし、野菜も「必ず」ではない」という理由です。

網のブログ
化学調味料ってのは、一部の人を除いて もう 現代人なんかそれを使っていないほうがマズく感じちゃう場合が多いんですね。

野菜だって自家製はボロボロですよ。

でも、そこいら辺に信念を持って かれこれ、もう四半世紀。

さて

ド田舎のこっちにも、都会から いろんな店が出店を始めだしています。

マス宣伝。低価格。

そんな攻勢にあっても、いつも昼どきの駐車場は満車です。

0

旧ブログ

Posted by