名古屋のアレ

半年前に名古屋に行った時に食いそびれたアレが気になって。

気になって。

気になって仕方がないので

天気もいいし、名古屋までアレを食べに行ってきました。

それと

「自分は都会を走れるのか?」という疑問もあって

いや、田舎道を車で走るぶんにはサーキットの狼なんですけど

僕って片側車線が4つ以上ある道とか恐怖なのよ。

どこまで田舎が染み付いているんだか。

ま、そういう20年以上の疑問もあったので車で名古屋に行ってみました。

せっかくだから名古屋のほぼド真ん中の白川で高速道路を下りて

最初に目に入った若宮パーキングという公営と思われる巨大地下駐車場に停めて。

そして大須のアレ目掛けて早足で歩く。

今回は他に誰も客がおらずアレを食べることができました。

網のブログ-トルコのケバブ
アレの名前はドネルケバブ。

南米だと同じようなものがシュラスコとかいってるね。

串に重ね刺しした肉を外側からローストして

それをイザという時はじゅうぶん武器になる大きな刀で削って。

で、それをピタという袋状のナンみたいなのに刻み野菜とソースと詰め込んだのがレギュラーメニュー。

Lサイズで牛は900円。鶏は800円。

モスリムなせいか豚は無い。

ほか800円の「巻きバージョン」も頼んでみた。

腹減ってて頼みすぎた。

日本流の「え?写真と違って、たったこんだけ?」に慣れてたから

そのつもりで頼んだら、しっかりしたボリウムで。

そうそう。

ああいう特殊な調理法のせいで肉がパリパリというかバリバリ。

これなら肉の脂が苦手になってきた僕でもイケますとも。

というわけで超満腹して、腹ごなしに名古屋駅のハンズまで歩いて行く。

今、ギターを1本作っているのと、高校の頃に作った1本を部品ぜんぶ外して塗装はがしてリメイクしているのと。

合計2本を並行作業でやってるんですけど

それに使う銘木のツキ板でいいのがあったらと思って。

ま、ぜんぜん いいの無かったので、また大須に戻って

そうそう

2件目のアレ。

網のブログ-味仙の元祖台湾ラーメン
ホンモノの台湾ラーメン。

こっちではポピュラーな台湾ラーメン。

夏は汗がバーーっと出て、冬は温まって。

その台湾ラーメンの元祖と言われている味仙という店の台湾ラーメンを食べたくて。

え?

行きつけの伊勢のミセンは味鮮。

パチモノだよ。おほほほほ。

というわけで少し早い夕飯ってことで。

手羽先とホンモノ台湾ラーメン。

なんと!

ホンモノは、とんでもなく唐辛子とニンニクが効いていて

ラーメンを箸でつかんですすろうとしても

ムセてムセて。

僕さ、タバスコ飲めるくらい日本人離れした「辛いもの耐性」があるんだけど

いや、単なるバカ舌か。

ま、味は好きな味です。

ただ、普通の日本人には なかなか難しいかも。

うまかったけど。

ま、そういうわけで駐車場に戻って

料金を精算したら3600円でした(泣

0

旧ブログ

Posted by