AKB48とAK47

拾ったコピペで大いに納得したのがあったもんで。

ま、若干 銃の知識がないとつまんないかも。すみません。

AKB48とAK47アサルトライフルの共通点
1,発明者の想像を超えた流行
2,どんな劣悪な環境でも作動
3,スペアパーツの入手が容易
4,分解も容易
5,1発あたりの命中率が安定しない

網のブログ
写真のおもちゃっぽいのはサダム・フセインが所蔵してたらしい金メッキのAK47です。

そういえば、僕が会社から「おもちゃ部門」を任せてもらい始めた頃、ちょうどモデルガンっていう金属製で弾が出ないヤツの終焉期だったんですね。

まぁ終焉ってのは、後から振り返ってですけど。

そのモデルガンってのが業界団体の自主規制か何かで金属製のヤツは金色メッキの義務があったのかな。

犯罪に使用されることを防止する目的らしいです。

僕はガンマニアの素質は無いから

「なに?その文鎮 なんでタマ出ないの?」って感じで、売りながらも馬鹿にしてたんですけど。

で、今はもう無いんですけど岐阜のLSっていう模型メーカーが

組み立てキットの弾が出るヤツ、いわゆる後の「エアガン」ってのを発売しまして。

そいつが結構、出来がよかったんですね。

プラッチック製(ABS)だから金色じゃないし。

ただ、組み立てキットだったのが災いだったのか爆発的に売れる程ではなくって。

その後か、ほぼ同時期か。

組み立て済みのヤツが「東京マルイ」や「イマイ」という

当時は「ちょっと残念な模型メーカー」から発売されまして。

あぁ、長くなりそうだから 後編とに分けます。

気が向いたらw

0

旧ブログ

Posted by