ほーちうん

あの論語から。

原文は解説サイトのコピーだけどw

だって漢文で使ってる字なんて、どーやって出したらいいかわからんもん。

子曰、

吾十有五而志于学、

三十而立、

四十而不惑、

五十而知天命、

六十而耳順、

七十而従心所欲、不踰矩。

というわけで、網訳で普通に言うと

「15で学問を始めて、30で塾を開いて。

40でぼちぼち食ってけるようになって、

50で天が自分に何を命じてるかわかったような気がして

60で周囲から何か言われても気にならなくなって

70になったら、なんだか目の前が開けて今まで感じなかったようなスッキリ感でござる。」

こんなふうに受けとめてます。

意訳しすぎかw

この辺に詳しい人は笑っておくれ。

15で人の道を踏み外しwww

今、40過ぎて ぼちぼち食ってけるようになったばっかりの段階。

あかんあかん。

世界の孔子に自分をなぞらえるなんて、おこがましい。

だけど、まぁブログのネタとして赦してください。

で、思うのが

幸運だったよなって。

Soldier of fortune.

べつに横文字を出して、どうこうじゃない。

心の底から幸運を感じています。

で、10代半ばから よく つぶやいていた詩。

正直なところ、あの頃は雰囲気だけで感傷に浸っていたけど

まさか歌詞どおりの道を歩むとはね。

そうそう

何と闘ってるか?

自分に決まってるだろ。

0

旧ブログ

Posted by