高分子九州隊

網のブログ-「蒸しウニ」と「ウニイカ」と「海ぶどう」
昨日は志摩の海で過ごして

夕方、あっちの魚屋で「蒸しウニ」と「ウニイカ」と「海ぶどう」を買って。

ウチに帰って晩酌してたら花火が始まって

「あの音」が響いてきました。

神宮奉納大会ってことで毎年やってて

僕がいた会社でも20年くらい前に「20年位前まで毎年打ち揚げに行ってた」って聞いたから

合計40年くらい前までは、わざわざ遠路こっちまで来てやってたそうで。

まぁそんなわけで酒を飲んでいて

酔っ払ってくるとマメになるのでw

最近、水で大変なことになっている九州の友達らに電話してみました。

もう10年くらい前になるんですけど

西日本の各地で九州からの大量出向者を受け入れる大規模な人事がありまして。

基本的に全員が交代で出向に出されたそうです。

当時は時々週刊誌の記事なんかでも叩かれてまして。

そりゃ、みんな地元での生活があったのに

いきなり知らない土地に3年とかの期限で飛ばされて。

で、彼らのなかでも最も遅くまでコッチに残っていた3人は

同じチームとして僕の仕事を手伝ってくれてて

九州って言えば「何かにつけて酒」ですけど

僕は「基本的に、飲む誘いを断らない人」なので、よく仕事上がりに飲みに行ったり

終電を逃がしてしまって単身赴任寮として使ってる社宅に泊めてもらったり

まー、そんな感じで。

で、みんな水の件については大丈夫だったみたいで。

男友達ってのは何年ブランクがあっても、すぐに昔の、毎日一緒に仕事していた頃に戻ったような感覚になるところが大変よろしい。

「無茶な人員配置転換」が元になった縁ですけど

あれから10年、日本経済は ますますガタガタになって。

ウチの会社では、それを先取りして大ナタを振ったから

現在は、よそより多少マシな状況になっているわけです。

いろんな見方があると思いますけど

僕は結果として「後世で評価される決断」だったと思っています。

以上、どうでもよい事をダラダラ書いててすみません。

0

旧ブログ

Posted by