すし

網のブログ
今や単に「寿司」というと回転寿司を指すんじゃないでしょうか?

「なわけねーだろ」って思ったアナタは恵まれてます。

その境遇を感謝して

ボランティア活動にでも励んでください。

ま、前置きが長くなりましたけど

僕は回転寿司では「えんがわ」が一番好きです。

17~18年前くらいだったでしょうか。

まだ、回転寿司の「全品100円」が登場していなかった頃。

回転寿司は「皿の色・柄」で値段が区分されていまして。

今でも、ちょっと高級な回転寿司はそうですね。

で、いちばん安い皿は100円で、高いのは800円くらいでした。

当時の僕は「遅れてやってきたバブル満喫中」だったので

休みの度に、当時住んでいた静岡県の藤枝市から同じ静岡県の清水市まで

焼津市、静岡市と2つの市を越えて

片道50キロか60キロあるでしょうかね。

妻の運転で毎回食べに行っていて

新品の「お店の湯呑み」を贈呈されたくらい

お店から感謝されていました。

「お店の湯呑み」って

店名と、

あの、すし屋にありがちな魚へんの漢字が、般若心経みたくビッシリ書いてあるの。

今はダイソーで100円で売ってるから、ありがたくもクソもないですね。

その頃の「すし業界勢力」におかる回転寿司のシェアは

今ほど大きくなくて

「持ち帰り寿司」が幅を利かせていたんですね。

今でもスーパーにあるじゃない。

あれの専門店で商売が成立していたんですよ。

いっぺん

「エンガワ20カンとマグロ20カンで紅白にしてよ。料金はいくらでも払うから」とか

エラそうに注文したら断られて

「なんで、マグロとイカの紅白ならOKなのよ?」とか理屈で押したり

「そこを何とかならんの?」と泣き落としで押したり

店先でゴネた事もありました。

かなり「めんどくさい客」です。

あ、書いてたら

おわんねーwww

今から、また二度寝します。

そうそう

網のブログ-巨大サーモン
おとといな、カッパ寿司に行ったら

超ラッキーなことに

カウンターの最上流に案内されました。

あれって1000円拾うより「儲かった感」ありますな。

作業場との境目の四角い穴から次々に出てくる寿司。

そしたら、めちゃめちゃ巨大なシャケのが出てきて

思わずズッこけました。

というわけで、もう一周まわって出てくるのを待って。

幸い、「巨大サーモンは」誰にも取られず

カメラ握って待ってた僕の餌食に。

いや、漢字で餌食だけど、食べなかったですけど。

さて、明日は仕事せねば。

先週の小さい仕事、1件見落としていたので。

こういう事の為に、お客さんらに、ここのブログは一切伏せています。

てか、田舎は 誰がどこでつながってるか わからないので・・・

ウチの仕事、放っておいて

「海は気持ちがいいですねーだと?」って怒られるでしょ。

まぁ漁師なみの「異常な日焼け」でヴァレヴァレかw

0

旧ブログ

Posted by