子育て手遅れ

2号が高校生の頃、

どんな車に乗りたいか聞いてみたら

「小さいの。軽とか。何でもいい」という事で

3兄弟のなかでは最も地味な2号らしい考えだと思いました。

ちなみに1号は

「そやなー。金あったらカマロ」

と平然と のたまって

僕を絶句させた事もありましたとも。

カマロとは、まぁ「マッチョなアメリカ車」の中でも象徴的な存在で

歴代モデルの中には排気量が7リッターのものも存在しました。

まぁ、ある意味「脳みそ筋肉」な1号らしい願望です。

で、話は2号に戻って。

今の若者らしく軽でも買うのかなと思っていたら

最近、さすがにバイト掛け持ち(しかも、それぞれ、かなり離れている)が大変そうで

車を買いたいと言い出しまして。

「友達が安く売ってくれる」と。

2号は車に詳しくないので「父さんが見たろ」と言ったら
(現物を見ているのだけど車種さえ判別できないらしい)

翌日、車検証のコピーを持ってきたよ。

網のブログ
形式番号がJZS151って、なんか覚えあるなと思っていたら

昔、ちょっと乗ってた2.5Lのクラウンだった。

「小さいの(車)でいい」って言ってたのが

免許取得直後にクラウンwww

それ、まるでバブル最盛期じゃんってね。

なので、深夜 2号が帰ってくるのを待って

当時の僕の月収を聞かせて、

自動車本体だけでなく付帯費用の話もして、

自分で維持できるか冷静に考えるよう促しました。

親から「こうしなさい!」ではなく

自分の頭で結論を出したように導く為の

まわりくどい方法です。

昔の僕の心に余裕があれば、彼らが小さいときから「そうした」んでしょうけど

「そうして」こなかった結果が今みたいになっているので

あわてて軌道修正に躍起です。

0

旧ブログ

Posted by