ゆっくりしてっておくれ

ぐねぐね

不思議な画像を拾いました。

網のブログ

人間の目ってのは面白いですね。

こういう現象が実際にあるからこそ

たとえば

自分で現に見聞きしたことでも

「あれは何かの間違いだったかもしれない」

と思うことがあります。

「なにかの間違いであってほしい」

もう、遠くなってしまった過去には、それもありました。

まぁ、今 ずっと日々楽しいので

自分の中で「それ」は

「どうでもいいこと」に消化されて久しいですな。

そういうわけで

それを思い返すに

どうにもこうにもならない窮地で、あれこれ考えたところで

苦悩の割りに、その考えは役にたたないものが多いように思っています。

考えるだけ、「考え損」と申しますか。

血の出るような思いの日々を続けて

自己研鑽されて立派な人になれば善いのでしょうけど

ほとんどの人は「心がネジ曲がるだけ」じゃないでしょうか?

と、何だか話が変な方向に向いちゃいましたが

べつに誰かに向けてとかの意図はございません。

あのグネグネ動く画像を見ていただけで

ここまでいろいろ思うのは、精神の病気ではないだろうか?

とか思ったりもしますけど

まぁ、上に書いたとおり

気楽にやってるので、どーでもいいです。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です