貝殻は燃えるゴミ

昨日の午前中は、お客さんの所でパソコンの設定変えの約束があって

朝、せっせと支度していたら

志摩のおじから電話があって

「今年は水温が低いから、貝が死んでしまう前に揚げるから来い」と。

貝とは、毎度毎度のカラフルなヒオオギガイです。

数年前までは僕も道楽でおじと一緒に貝の養殖をやっていたんですね。

というわけで仕事を終えたらウチに帰って着替えて

息子にもらったジャガイモを1箱持ってw

志摩の養殖場まで行ってきました。

網のブログ-養殖場
貝は、既にきれいにしてくれてあって。

あぁ、貝を50個くらい網でできたカゴに入れて海に吊って育てるんですけど

海水には、いろんな生き物の卵やら子やらが混ざっているので

それが貝殻やカゴに付着して、けっこう凄い事になってるんですね。

それを年に2回くらいきれいに落とす作業が面倒なんですわ。

年って言っても春に1円玉くらいの小さな稚貝を買って、

暮れ頃には大きく味もよく育ってるので

それを収穫するわけです。

でも、もともと温暖な気候が好きな貝ですので

海水の温度にデリケートと言いますか

水温が下がりすぎると死んじゃうわけです。

なので、今年は あわてて普段より早めに揚げる事にしたと。

で、しばし親交を温め

というか、しょっちゅう会ってるんですけどw

で、ウチに帰って

親戚らに送りまくる為に箱詰めしてヤマトの集配所まで持っていって

で、ウチに戻って後片付けをしていたらヤマトのトラックがウチの駐車場に停まって。

「はて?」と思ったら

青森からホタテが届いたwwwwwwww

網のブログ-ホタテとヒオオギガイ
参考に、ホタテの箱にヒオオギガイを入れて撮りました。

ホタテは大きいですね~

というわけで、その晩 ウチでは南北の貝を「食べ比べ」というわけです。

網のブログ-ホタテとヒオオギガイ
貝と酒だけ。とにかく食べて食べて食べまくり。

貝だけで満腹になるってのは、貝が好きな人にはうらやましいでしょうね。すまぬ。

田舎に住んでいると「不便なこと」だらけですけど

たまには、いい事もある・・・

と言いたいですけど

けっこう、それに伴ってバタバタ忙しさも増加するので

「毎年のこと」みたく慣れてくると

善いやら悪いやら・・・微妙なところです。はい。

0

旧ブログ

Posted by