町内の古い看板

網のブログ-古い看板
例年そうですけど、この時期は忙しくてかなわんです。

というわけで気晴らしに

町内の集会所に届け物など

車で行かず、あえて歩いて行きます。

ウチの村は町史が奈良時代から始まってるくらいなので

人や自転車しか通れない細い路地がたくさんあって

その大多数は直線じゃないので

網のブログ-古い看板
土地勘が無いと

路地の入り口もわからなければ

どこに出るかもわかりません。

そんな路地を使いながら町内を散歩します。

古くからある伝統的なデザインをした木造の家々は

ほぼ大抵、外壁が黒くて。

大人になって、それに気づいたので

元いた会社の先輩(楠田枝里子のいとこ)に聞いたら

防腐の為にタールを塗っているそうです。

そんな黒い家の外壁に

昔と比べて、だいぶ減ってしまったものの

古い看板が残っていて「あじわい」を放っています。

電話番号の市内局番が1桁とか。

既に、その事業所って無いだろ?みたいな。

もっと言っちゃうと、その産業そのものが無くなってたり。

さて、今日も仕事です。

某用具のカタログサイト作ってます。

今は単純作業が多い部分で、気が狂いそうです。

0

旧ブログ

Posted by