あさりの王様

網のブログ-あさり
いつもはブログを書いてから朝ごはんにするんですけど

今朝は空腹に耐えかねて、先にごはんを食べました。

さてさて

昨日、某宝石屋さんのマダムから珍しいアサリを頂きまして。

二見という伊勢と鳥羽の境界にある海辺の村で獲れたのを買ってきてくれたのですけど

普通の砂地じゃなくて岩場に棲んでいるアサリということで

比較的海のもの、それで美味しいものに詳しい僕も初耳でした。

砂抜き不要ということで

早速、酒蒸しにしたんですけど

まず最初に気づいたのが殻がブ厚いの。

ズッシリきますぜ。

で、やや殻のふくらみが深いのね。

食べてみると、足の部分が丈夫というか肉厚で弾力があって

味も濃くて、確かに今まで食べたことがない美味しさでした。

そういえば数年前の話ですが

某佃煮屋社長のところに遊びに寄ると

この人は話好きなもんですから
(僕のお客さんには話が長い人が多いw)

いつも昼に行ったら夕方5時頃に釈放されるんですけどw

仕事柄、世界中の貝を調べているわけですよ。

自分とこの商品にする貝を探してる。

ベトナムなんかの、まだ未開拓な浜で獲れる貝とか

そういうので製品にできそうなのを見つけると安く作れるでしょ。

でね

最初、浜の貝を採り始めた時に比べて

いわゆる「人の手」が入ってくると

だんだん貝殻が厚くなってくるんだって。

僕が確かめたワケじゃないので申し訳ないですが

そういう話を、そういう道のプロから聞いたということをメモしておきます。

ま、何はさておき

貝ってのは二足歩行になった人類誕生直後から

いろいろとお世話になってますからね。

僕が小さかった頃

川は、汚い川が多くて

このまま汚れたら、どうなるんだろうと

小学生ながら心を痛めていたものですけど

結果として、

そう危惧していた人が意外に多かったのか

今は、すっごく持ち直して

大都会は仕方がないとして(それでも、それなりに大改善したらしい)

けっこう、日本の田舎の自然っていい感じ。

これが、この先

1000年経って、2000年経って、

それでも僕らの遠い子孫が

老若男女

春になると浜に出て貝掘りできるような

そんな感じで

偉大な自然と調和した暮らしを過ごせるといいな。

とか、アサリの酒蒸しをつまんで酒を飲みながら考えていました。

あ、忘れてた

よくチャットとかで聞かれるんですけど

アサリとか蒸したり、味噌汁にするときは

生きたヤツは水からやってね。

0

旧ブログ

Posted by