網のブログお粗末な話題で、すみません。

20年か25年くらい前から鼻毛を抜くようにしたんですけど。

毛抜きを使って。

抜いたのティッシュに並べて。

で、そういえば、気がついたら

ほとんど鼻毛が生えてこなくなったでござる。

抜き始めの頃は抜いても抜いても生えてくるから

いつかは生えなくなる日が来るのだろうか?とか考えながら

目に涙をにじませて抜いていたんですけど

抜き始めて、それほど時間がかからず痛覚が麻痺してきて

全然痛くなくなってきまして。

で、鼻毛が無いのが当たり前になってくると

少しでもあると、すごく気になって

徹底的に抜きまくるようになります。

で、今に至る。

もう鼻毛ともお別れねって思ってたら

1~2年前から

耳に痒みというか何だか不快感を感じることが多くなってきて

耳の穴よ。

正体はわからないのだけど、耳かきで細心の注意を払って耳の穴を探ると

微妙に毛の感触。

でも、毛の存在をなかなか確認できなくて。

でも、ついに、ある日、正体確認。

耳の穴の入り口に毛が生えていやがる。

そういや、昔 まだ昭和の頃だか平成1桁だかの頃。

当時は僕も多少はTVを観たんですけど

世界なるほどハウマッチだか何だか、そういう番組でトルコだったかな。

紙を「こより」にして火を点けて耳の穴に突っ込む商売を見たことがあったです。

あれ、意味がわからなかったのだけど

おっちゃんに成長して理解できたわ。

ってなわけで、耳の穴の中の毛。

1本探り当てて抜くとコツがわかってくるから

それからは不毛の地と化した鼻の穴にかわって

耳の穴が新しい大地になりました。

最近は、だいぶ慣れちゃったから成長する前に抜いちゃって

長いのは収穫できないんですけどね。

0

旧ブログ

Posted by