道端の食える草

網のブログ
この時期、僕が住んでいるド田舎では、いろんな草花を見かけます。

もう、ちょっと時期を過ぎた感じもありますが

春の訪れとともにイタドリという茎が中空で、大きめの草が伸びてきまして。

僕とイタドリとの出会いは

小学校5年の終わりに東京から愛媛に引っ越しまして

そこで野山の自然の豊富さに圧倒されまして

原住民の子らから、いろいろ教えてもらいながら

毎日外で遊んでいたのですけど

そのなかに「イタドリを食べる」というのも日課でありまして

最初は「え?本当に食べられるの?」と友達が先に食べるのを見守ってて。

適当な大きさのイタドリを抜いてというより折って摘み取って

皮をむいて。

明るい緑で、縦に繊維が通ってて

最近は見なくなっちゃったですけど昔は洋菓子のトッピングに「フキの砂糖まぶし」みたいなのがあって

それに似てるなって思いました。

味は、酸っぱい!

見た目よりジューシーでね。

それが、外で山を登ったり、がけを上ったり、汗かきかきなせいかうまい!

というわけで僕はイタドリをすっかり気に入って。

東京の子の感覚だと、そこいらじゅうに「うまい草」が生えてるなんて夢かよ!って。

とっても感激したように覚えています。

「塩をかけると、さらにうまいよ」って教えてもらって、それから外出時は専売公社の塩の小瓶、赤いフタの。

あれをポケットに入れて。

いやね、さっき、ネットニュース見てたらイタドリの塩漬けが1キロ1500円で出てたもんで

「うはっ!売れるんだ~」って思って。

おもわず書いてしまった。

イタドリついでに、イタドリが生えてる場所では大抵クズも生えてて。

え?人間のクズ?

すまんね。そっちじゃなくって。

あれも、いつか、根っこからクズ粉を精製して

水ようかんでも作ってやろうと思ってます。

資源が無限にあるで。

ほなら、きょうも元気にいきましょ。

0

旧ブログ

Posted by