ゆっくりしてっておくれ

海上花火の説明

え~

そういうわけで海上花火についてのご質問を頂きましたので図で説明します。

2種類あるうちのひとつ。

私ら金魚って言ってますけど

網のブログ-金魚

んで、ドラム缶を使ったやつもあります。

てか、今から思い返すと、おもいっきり海洋汚染やな・・・

網のブログ-海上花火

導火線については点火しちゃえば濡れたぐらいじゃ消えないのを使ってます。

これら、原理はどちらも海面に浮かせた花火を爆発させるわけですけど

そうすると、海面から半円状の花火になるわけです。

ちなみに陸上でやると、どうなるか・・・

海上と同じく半円状に開きます。

てか、正直に言うと、それって事故なんですけど

観客は何も知らないから拍手喝さいです。

もう四半世紀経ったけど、あんまり詳しく言うと刺客を寄こされるから、やめとこw

次に仕込みシーンですけど

花火現場は、花火の大きさ等で定められる保安距離が設定されまして。

仕込みを開始する段階から有資格者以外は立ち入り禁止になります。

というわけで関係者が保安距離内で撮影したビデオが無いかYouTubeで探したのですが、ありませんでした。

ちなみに、ウチの後輩らの仕事が、いっぱいYouTubeにありました
ご覧ください。
みんなの住んでる所の近くの現場はあるかな?

この記事を書いた人
コメント (4)
  1. あんず より:

    網さんのブログはいつも勉強になります。
    また伺いま~す(^^)

  2. より:

    おはようございま~す

    めちゃめちゃ料理上手で、美的センスにも光るものがあるあんずさんにお褒め頂いて、いや~恐縮です(汗
    いつも即興でネタ出ししていて至らぬ部分も多かろうと思いますが、よろしくお願いしますです。

  3. みかじん より:

    イラスト付きの分かりやすい説明ありがとうございます(^ー^)ノ
    水の中から打ち上げてるのか?とか謎だったので納得^_^

  4. より:

    フリー素材の波と組み合わせて昼休みにチャチャッと描きました。
    そりゃ、一般の人らはわからないですもんね。
    ほか、台船の上からの打ち上げとかありますけど逃げ場が無いので、とても危険だったりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です