ゆっくりしてっておくれ

岩戸に行ってきた

網のブログ-天の岩戸
おはようございます。
月曜がやって参りましたw

週末はウチから車で15分くらいの所にある「天の岩戸(あまのいわと)」という場所に7~8年ぶりに行ってきました。

「天の岩戸」と称する場所は三重県以南の各地にあるようです。
ウチの近くでも3箇所ありますし。

で、今回のは志摩の磯部って所にある穴から清水がじゃぶじゃぶ出ている所です。

環境庁の名水百選のひとつだそうです。

なので本当のところ僕は「神話の場所と違くね?」って思ってますけど
まぁ、山の雰囲気を味わえるいい場所なのは間違いないです。

で、神話ですけど
古事記に出てくる、アマテラスが弟のスサノオの傍若無人っぷりに怒ったか悲しんだか、岩穴に隠れて岩でフタしちゃって太陽神でもあるアマテラスが隠れちゃったから世界が暗くなっちゃったという話。

で、困った神々が岩のフタの前でドンチャン騒ぎをして
ちょっと覗いてみたくなったアマテラスがフタを少し開けたら
力自慢のアマノタヂカラオっていう神さんが隙間に手を突っ込んでフタを開けてアマテラスを引きずり出して世界に明かりが戻ったというお話。

そんだけアマノタヂカラオが力持ちだったら宴会なんかせずに普通に岩をどかしちゃえばいいのにw
これは宴会する口実ですかね。
そういう側面は神話の時代も今も、あんまり変わりませんね。

「アマテラスは卑弥呼が神格化されたもので
この時の事件は日食を表すもの」という説がありますが
僕もその説を支持しています。

で、その水がじゃぶじゃぶ出てる穴から
山をぐるっと裏側に回りこむと風穴が開いてます。

ちょっとしたトレッキングになるので、体力に自信が無い人は止めておいた方がよいです。
ネタばらしちゃうと苦労して着いても、ただの横穴ですから。

さて、

この文の前のほうで三重県以南の各地に天の岩戸があるって書きましたけど
本当にそれが存在するなら
僕は九州のどこかじゃないかなって思います。

この記事を書いた人
コメント (2)
  1. こんばんは。ここはとても雰囲気のある場所って感じを受けますね。
    神話って正直、まあ後付けの部分がどうしても
    出てきてしまうというところはあるかもしれないですね。まあでもそれも込み込みで、日本っていいなとは思いますよね♪
    そういえば、卑弥呼って…最近まで公子だと
    思ってました(笑)
    卑弥呼と答案で答えるべきところを、公子(伊達公子)と解答して、半分くらいは点を頂けるか
    どうか?最近の関心事はそこらへんですね~。

    いつも飾らない表現の発信で、素敵だと
    思います。これからも期待しておりますね♪
    ランランル~。

  2. より:

    こんばんは~
    神話について、羽柴筑前煮秀吉さんがおっしゃるとおり、後付けとか、その時の権力者の都合だとか、口伝ゆえ、いくつかの亜流に枝分かれして、たまたま正伝とされたものが実際はトンデモ版だったりが想像できますけどタイムマシンでも無い限り確かめようがありませんし・・・
    まぁ、後世からも考察できる余地があるといいますか、歴史のそういう側面に惹かれる部分もあります。

    卑弥呼が公子ですかw
    ついついシャラポワばっかり気にしてて、うっかりノーマークでした。すみません。

    懲りもせず毎朝駄文を書いておりますが、温かいお言葉を頂いてありがとうございます。
    らんらんるー♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です