ゆっくりしてっておくれ

こんにゃくホルモン

ホルモン、うまいですよね~
地方によっては「何それ?」かもですけど
今、僕の頭の中には牛ホルモンの映像(動画w)とか焼く匂いで充満しています。
耳の穴とか鼻の穴から煙が出てきそうです。

「牛ホルモンのうまさ」って「脂のうまさ」が大部分を占めていると思ってました。
噛むと「じわっ」と出てくる甘みのある脂。

ただ
歳とって身体がポンコツになってくると
「味は好きなんだけど身体が受け付けない」という状態になります。
僕は元々「肉より内臓が好きな人」だもんで悲しさ2割り増しで日々を過ごしていました。

網のブログ-こんにゃくホルモンところがですよ。
ヂャスコでこんなの見つけたので
シャレで買ってみて焼いて食べたらwww
笑った笑った
なかなか、よくできてるの。
うまい。
もちろん、こんにゃくだから脂は無いのね。
添付の調味味噌だけで結構がんばってる。

というわけで
必ずしも「ホルモンの味=脂の味」でないことを理解しました。

この記事を書いた人
コメント (4)
  1. 83ちよとも より:

    これいいやん!
    歯ごたえとか再現できてそう。
    考えた人すごいね~!
    こっちにあるかな、冷蔵?冷凍?

  2. こんばんは。本日は、ホルモンネタでしたか~

    ホルモンも、美味しいですよね~。
    こういう商品って、当たり外れ激しいですが、
    今回は、まあ許せるかなという当たりよりの判定を下されたと言う事でしょうか?

    私は、麻婆豆腐のもとみたいな商品はたまに利用しますW
    多少味は濃いですが、まあ楽ですしねW

    こんにゃくだと、ゆずみそ田楽とか手抜き
    メニュウが多いです(笑)
    でも、こんにゃくってメルシーですし?
    いいと思いますよ☆

    モツですと、もつなべとか~、
    モツ煮込みとかもありですけど、
    やっぱり、焼き肉焼いても家焼くなってCM
    があるくらいですから、激しく焼いていきたいところで
    すよね~。ホルモンも新鮮なのは美味しいですから~。
    どこぞのB級グルメグランプリで、
    優勝した…白コロホルモンとかあった気がします。

    ホルモンってやっぱり、そんなにたくさんは
    食べられないですけど、旨いと思います。

    だって藤原紀香だって、かつてはホルモン女優なんて言われてましたしね~。

    あれだけ、フェロモン出せば、そらホルモン女優ってよばれちゃいますよね~。

    こんにゃくは刺身もまいう~です☆
    今年は家でこんにゃく自作する予定ですW

    いつもいい記事でございます☆
    ありがとうございます。

    ルーーーーーー♪梅しば?…

  3. より:

    こんばんは~
    今までお客さんから逆接待を受けてたので
    おぉ、日付を越えてしまったw
    歯ごたえも70%くらいがんばってるよ。
    「こんにゃくホルモン」でgoogle検索して2番目ね。
    関越物産ってとこの12個いり2600円。
    あの「焼き味噌味」そのままにホルモンの強烈な脂が無いから、もしかしたらコッチの方が好きな人もいるかもしれません。
    「おかず能力」も充分あると思うので酒を飲まないちよちゃんでも楽しめると思います。

    てか、今度なんとか芸人のコンサート見に来るとき会おうな。
    みんなに召集かけるわ。
    また何か歌ってw

  4. より:

    こんばんは~
    いや、それフェロモン女優だってw
    確かに、こんにゃくにはメルシーですけど、それってヘルシーでしょw

    本文の「こんにゃくホルモン」は、あくまで自分に限ってはアタリですとも。

    イミテーション食品と考えるより、あれはあれ独自の食品と考えれば上等です。

    って、わざと突っ込みどころを空けてくれてる羽柴筑前煮秀さんは、かなりの文章上級者とお見受けします。はい。

    でも、フェロモン女優よりホルモン女優のほうが何だか濃厚っぽい感じがして・・・
    妖しい響き。

    おっしゃるとおりホルモンは当たり外れ大きかったように記憶しています。
    という変な書き方をするのも、こちらでは外食にせよ買ってくるにせよ
    店の選定さえ間違わなければアタリを堪能できますので、ハズレを食べてガッカリしたのは遠い過去のような感じです。

    まぁ、今はあんなの食べたら心筋梗塞一直線ですわ。

    こんにゃく刺身は、いいですよね~
    僕もよくお世話になります。

    自作チャレンジですか!
    おそらく「こんにゃく粉」を使ったやつですよね。
    芋から育てて作るのは大変な時間(年月と言う方が妥当)とノウハウが要るそうですよ。

    まぁ趣味でやるには難易度が高いほうが楽しめるかもしれません。

    自作チャレンジ記録、ブログで公開して頂けると面白そうです。

    それでは、いつもいつもありがとうございます。

    らんらん寝ルーー
    (さっきまで仕事で死んでます)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です