クリスマス電飾

網のブログ-柿の木
晩秋の柿の木が、なんだか にぎやか。
こういう「鈴なり」状態は、何だかめでたい感じがして好きって去年か一昨年に書いたけど
やっぱり今でも好きです。

静岡でバラエティーショップをやっていた頃、
年末年始は書き入れ時なワケですけど
11月になるとセールの準備と並行して
店頭のメイン催事をクリスマス仕様にするのは副店長に任せて
僕は店の入り口にあった大きな欅(けやき)の木に電飾を巻きつけて
巨大なクリスマスツリーにする担当です。
多いときは2万2千球くらいだったですかね。

取引先の電気工事屋さんにバケット車(トラックに人が乗れるクレーンが付いてるの)を借りて
事前に電気担当スタッフが導通チェックを済ませておいた電飾を巻きつけます。
僕は高いところがダメなんですけど
なぜか店で高所作業は僕の仕事で(泣

網のブログ-店の写真
バケット車でできない作業は木に登ってやるのですけど
欅の木は葉っぱが尋常じゃないくらい多いのと、
木の樹皮が粉っぽいと言いますか
登るだけでけっこう汚れます。

たまたま子供の頃に社宅の団地の庭に大きな欅が10本くらいあって
しょっちゅう登っていたのですが
まさか欅に登るノウハウが大人になって活きるとはねw

まーそんな感じで
いつも午前中は店の仕事をやって、昼から飾り付けをするのですが
日暮れも早くなって、手も冷たくなって。
服も汚くなって。
でも、電気のスイッチをON!にすると
毎年やってる事なのに
心の底から「おーーーーっ」って声が出ちゃいます。

0

旧ブログ

Posted by