ゆっくりしてっておくれ

Hの話

干物おばから小鯛、イカ、カワハギ、カマスと4種類の干物をもらったのでストーブにBBQ用の金網を乗せて焼きました。
(直接乗せると干物が貼り付く)
干物は、かなり軽く干している感じなので
焼き方さえ失敗しなければ、外はパリッと、噛めばしっとり。
ストーブなら焼きながら最適の状態を見て、
1枚ずつ即食べられるというわけです。
部屋はくさくなるけどね~。

さて、全然関係無いんですけど
中学に入ってアルファベットの筆記体を強制されたじゃないですか。
で、そのまま大人になっていって
よく海外の書類で「ブロック体で書いてください」みたいなのがあって
それが何回か続くうちに
「実は英語圏の人間は筆記体なんか使ってない」と知って
日本の英語教育のお粗末さを知ったというか、ズッこけました。

H
小学生のときにジェームス・ハントっていうF1レーサー(マクラーレン)を応援してたんですけど
彼のレーシングスーツに刺繍してあるHが図の上のH。
で、それで憶えてて
中学校に上がったら下のHを習ったけど
僕は断固上のHを使ってたのね。
で職員室に呼ばれた事があったんですけど
(今から思い返すと、よくわからんなww)
英語の先生(じいさん)に
「いや、これ、本物のイギリス人が使ってるんですけど」と抗議したものの「習ってるとおりにしなさい」と諭された事がありました。
めんどくさい生徒だなww

ガイジンは日本人が綺麗な筆記体書くの見て驚くらしいですね。
私らからすると、欧米人が旧仮名遣いで日本語書くようなもんでしょうかねぇ。

この記事を書いた人
コメント (2)
  1. 蒼井シジン より:

    こんにちは。
    いつも楽しく拝見させていただいております。

    アルファベットの筆記体ですが、私の場合今ではどんどんとオリジナルになってきて、筆記体とブロック体とがごっちゃになっているのですが、英語圏の方は普通に読めるようです。ところで外国では認め印ではなくてサインをする場合がほとんどですが、私のサインは日本人なので我流で崩した漢字を使っています。日本の人は普通に読めるようですが、外国の方はケッコウ悩まれるようです。こっちにしても海外の方のサインはだいたい何が書いてあるかわかりませんけれど。この間取締りをしていた警官は私のサインを読めなかったですけど外国人だったのかな?

  2. より:

    こんにちは~
    こちらこそ、いつも駄文にお付き合い頂いてありがとうございます。

    蒼井シジンさんは英文を書く機会があるのですね。すごい!
    僕は文章を「打つ」のはあっても書く機会は全く無いので、さっき試しにちょっと書いてみたらアラ不思議!
    アラビア語なんて勉強したこと無いのに・・・
    もう、抑揚加減とか忘れちゃってるから、やたらと高低差が無い平坦な筆記体で
    一晩寝たら、書いた自分でさえ何を書いたか解読不能ですわ。
    間違いない。

    あ、文章じゃないんですが
    仕事柄、お客さんにメールアドレスやURL、ID、パスワードを
    パソコンが無い環境で紙に書くケースが多いので
    やっぱり「ブロック体(というより活字体)で明瞭に」を目指している事が多いですね。
    aなんか学校で習った通り書くとoだかuだかわからないじゃないですか。

    警官にサインって・・・
    やられましたか。
    僕は諸般の事情で(逃亡犯とか指名手配ではないw)極力しょっぴかれないように慎重に暮らしていますw

    いつもいつもありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です