ゆっくりしてっておくれ

嫁に出した

ストラト3日前に友達がウチに来て
高校生の娘がギターを始めるとのことで
関西の楽器屋の中心地、大阪の心斎橋までギターを買いに連れて行ったけど
結局、気に入ったのが見つからなかったという話をしていて。

ちょうど僕のコレクションで「これは?」と思うのがあったので
「本人連れてきて、気に入ったらあげるよ」って言ったら
さっそく、昨晩 娘を連れて来てくれて
案の定、娘 ひと目で気に入ってくれて。

で、キッチリ整備を済ませて
制服姿でやってきた彼女に持たせてみたら
すっげー似合ってるの!
なんか嬉しかったです。
で、進呈しました。
写真の赤いほう。

ギターと別れた悲しみは無かったです。

僕が彼女と同じく高校生だった頃に
この世に産まれてきたギターに世代を越えさせてやれた喜びと言いますか。

近い将来、ガールズバンドで 彼女がこれを掻き鳴らすのを想うと楽しみです。

この記事を書いた人
コメント (4)
  1. もも より:

    きっと彼女の手で、素敵な音を奏でてくれるのですよね
    いつか聴きに行ってあげなくちゃね
    (*´∇`)
    う~んステキなお話です

  2. 蒼井シジン より:

    こんにちは。
    ギターのお嫁入り、いいですね。
    楽しい気持ちにさせていただき、ありがとうございました。

    下世話な私ついはこんな絵を連想してしまいました。
    http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/pickup/20080331/1008678/01_px300.jpg
    すみません。

  3. より:

    こんばんは~

    僕から見た彼女のポジションは親友夫婦の娘であり、その親友とは親子3代の付き合いであり、息子の親友の妹でもあり、というわけで彼女が幼稚園入園前の幼児だった頃からの付き合いなので自分は娘がおりませんが、娘に準じた扱いなのであります。

    もちろん、いつか彼女のステージを観に行きますとも。

    いつもいつも ありがとうございます。

  4. より:

    こんばんは~

    いやもう、ド田舎の「世代を貫く濃い人間関係」丸出しでスミマセンですです。

    ウチは衝動買いの蓄積で「楽器屋?」みたいな状態になっちゃってまして。

    でも、僕は衝動買いで入手しても、それなりに数十年欠かさず手入れしたり大事にしているんですけど
    そろそろ自分の人生の終わりも考えなくっちゃいけないし「愛器たちのその後」も。

    なので、ちょうど「渡りに船」だったんですよ。

    そうそう、参考画像
    見せてもらいましたよ。
    さすが蒼井シジンさん。
    まさにドンピシャ。
    彼女は写真の女の子と同じ系統ですわ!

    なので、彼女のステージが楽しみなんですよ~
    ちなみに父親はリズムギターなら僕より全然上手いのでギターは「あげっぱなし」でOK。
    「あとは、ご家庭で」って。

    いつもいつも ありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です