不自然なチーズ

チーズ入りハンバーグお昼に、なにも食べたいと思うものが無い時が
たまにありますけど
社会見学の意味で普段は利用しないファミレスなんぞ行ってみたりする事があります。
某全国チェーンでは
やたらとチーズ入りハンバーグを推していました。
待ってる間にメニューの写真を見て
画像加工があまりにも不自然だったので
揚げ足取りのネタにしてやる。

ハンバーグの中にチーズを仕込んでおいて熱を加えると中のチーズは半固体に
いわゆる、「とろ~り」に変化しますよね。
で、そのハンバーグを真ん中で切るとチーズが流れ出すのはわかった。
でも、絶対に写真のような断面にはならないと思います。
流れ出るチーズの分、断面は凹むわけですけど
この写真では垂直なのが思いっきり不自然。

チーズを書き足したい気持ちはわかるんですけど
やり過ぎると、こういう結果に。

それで連想したのですが
論語とか徳川家康公の遺訓の一部に「及ばざるは過ぎたるよりまされり」ってありますけど
若い頃は、よく意味が(実感として)理解できなかったんですが
こうして、あと数年で50にもなろうという頃になって
じんわり効いてきます。

あと、その遺訓で「不自由を常と思えば不足なし」という一節も好きです。
「えらいこっちゃ・・・」って心が折れそうな時の回復呪文になってます。

0

旧ブログ

Posted by