天皇陛下の伊勢ご巡幸その2

昨日の朝も、事務所でせっせと年度末への追い込みをしていたら
窓の外に見える
近所の人らの慌しい動きに
ぼちぼち両陛下がお出掛けされるかと思い
またマイ国旗持参で、今度はウチのすぐ裏に行ってみました。
通過されるポイントは予め決まっていて
私ら住民とか、たまたま居合わせた観光客は
ところどころに設けたれた「所定のポイント」に集まるよう指示され
数名の制服、私服警官とともに両陛下の通過を待つわけです。
で、そうやって指示に従ったご褒美に
「所定のポイント」前はお車を減速して、両陛下が声援に応えてくれるという仕組みです。

昨日の朝、僕はギリギリに行ったので
僕の為に信号を操作して青にしてもらいました。
なになに、この優越感www
とか思いつつも
実際はコメツキバッタみたくペコペコ周囲の警察さんにお礼しながら横断歩道を渡って「所定のポイント」へ。
で、程なく じゃじゃーん!

妃殿下

今回の車は普通のセンチュリーだったので
妃殿下、ばっちりですよ。
周囲の婆さんら「美智子さん、きれいやな~」と口々に洩らしておりました。

この日 両陛下は、ウチから20キロくらい離れた斎宮にある歴史博物館を訪れたそうです。
斎宮ってのは昔、大和朝廷の伊勢出張所だった場所で
そこの長には代々、天皇家の未婚の娘。
おもに内親王が勤めたそうで、このブログでも2回くらい書きましたけど
とても三重県っぽい田園地帯に不釣合いなほど立派な博物館がありまして
王朝絵巻的なものが好きな方にはオススメです。
両陛下にも僕が大好きな田園風景をタップリご覧頂けて嬉しいです。

でですね
当然、そこまでの行程、10メートルおきか何か
制服、私服警官がうようよいるワケですよ。
「日本には、どんだけ警察官おんねん!」ってw
まぁ頼もしい事ですよね。

でもさ、三重県にそんなに人間いるわけないので不思議に思って
ちょうど回覧板をまわしに裏のおばちゃん家に行こうとしたら
私服警官の若者らとカチ遇ったので聞いてみたんですよ。
そしたら大阪府警からの応援だそうです。
で、両陛下がお戻りになる予定も教えてもらって。
またまた夕方もマイ国旗持参でw

でね、
その「所定のポイント」で待ってるとさ
私服警官の若者らが私ら旗持った群集を前に注意事項とともに漫才を始めるわけですわ。
僕は3つの「所定のポイント」を渡り歩いたんですが
どこも同じ。
あれって性分なんですかね?
「大阪の血」が、そうさせるんですかねw
というわけで緊張感があまり無いのに、ちゃんと統制されてる。
両陛下が通過されて警戒が解かれたら
住民が警察官を労っててね。
あえて名付けるなら「なごやかライオットコントロール」。
殺伐さが無い群集統制。
こんなん、世界の他の、どこ行っても無いんじゃないでしょうか。
それじたい、とても日本の誇れる事だなって思います。

さ、今朝は最後です。
両陛下をお見送りさせて頂きに また行ってきます。
って言っても自分の家の10M横ですけどw

応援に来てくれた警察官や関係者の皆さんには
今度はプライベートで伊勢に訪れて頂いて、ご家族と一緒に楽しんでもらいたいものです。
海、山、川と無駄に豊富な自然。
魚介類、松阪肉、朝摘みの野菜。
いろいろ揃ってます。
ぜひ伊勢へ。

0

旧ブログ

Posted by