六本木のカローラ

僕、実は車が大好きで
事務所の窓辺にも好きな車のミニカーをズラッと並べてます。

「車が好き」という人はたくさんいますけど
男の場合は、まず幼児期に「電車系」と「自動車系」に分岐するのでは?
と、僕は勝手に思ってます。
もちろん「両方」もアリですw
で、車系ですけど成長とともに
その方向性は様々に分かれて
「走り屋」みたいな系統とか「カタログスペックに一喜一憂している人」とか。
僕は、車のデザインが好きで好きで仕方がない人です。
全体のカタマリ感。
各ボディライン。
なので冒頭に戻りまして「ミニカー」で用が足りるわけです。
金かからんw

で、ですね。

最近「ハッ!」って思ったのが
ハンガリーっていう、たしか主要産品はパプリカだったかなw
そういう東欧の国のTMCarsからTM concept30という新製品のプロトタイプが発表されまして。

これまた懐かしいBMWのE30用のキット。
完成した自動車に後付で装着する部品ですけど
E30ってのは、ちょうど僕が学生をやってた頃に最新だった車で。
みんなも見たことあるでしょ。
当時の有名な言葉
「六本木のカローラ」が、このE30を指します。
比較的高額な車だったのですが
バブル時代特有の歪んだ価値観で大衆車のトヨタ・カローラ並みにたくさん走ってたという意味です。
本当に、六本木だけじゃなくって東京に うようよいたわw

で、この「なんで今さら?」って感じの後付キットですけど
装着することで一気にデザインが30年以上縮まるwww
すっげー近未来的。
でも、それだけじゃダメなんです。
最低限「BMWの車」ってわからないと
できれば「元がE30」ってとこまでデザインに反映されてほしい思うのですが
その辺をしっかりカヴァーしてて立派なもんです。


ライトは別売りで日本円にして42万円程度とか。
しかしBMWの目つきが悪いのは既に伝統化しちゃってますね~

0

旧ブログ

Posted by