ゆっくりしてっておくれ

XPのアレ

最近、旬な話題。
「XPいよいよ・・・よくわかんないけどダメなんでしょ?」とお客さんから聞かれます。
父ちゃんからも、その件だけで電話あったなw
「結論から言うと、そんなこと無いけど
あんまり世の中の買い替えが進まなかったらXPを標的に別働隊が<以下、略>かもね~」とか言っておきました。

小耳に挟んだ話では
「XPは4月でサポート終了するので新しいOSの入ったPCを買いましょう」と言って客にPC売ってる某家電量販店の業務用端末のOSが全店未だにXPだったりとか。

世の中、そういうもんです。

この記事を書いた人
コメント (2)
  1. 蒼井シジン より:

    こんにちは。
    お世話になります。

    アップデートされなくなるとOSが動かなくなる、と思っている人はケッコウ多いですね。そういう方はOSの意味もよく理解していないのかもしれませんが。

    マイクロソフトもXPのアップデートを有償で始めればいいんじゃないかな、などと思ったりしますが、どんなもんなんでしょう?
    新しいOSを売った方がもうかるのだとは思いますけど。

    今後もXPマシンはオフラインの32bitマシンとして使い続けると思います。

  2. より:

    おはようございま~す

    さっき蒼井シジンさんとこで「かっぱ巻き、いいですね~」って書こうか数分考えてて「まだ忙しいに違いない」と戻ってきたところです。
    ありがとうございます。

    そうそう。
    世の中の皆さん、大抵OSが何なのか理解していませんし、それでも実際のところ生活にほとんど不自由しませんし、今回の需要喚起はソフトの問題よりも、その辺のセキュリティホールを突かれた、いわゆる「おやじのセキュリティホール」の方が本質ではないかと個人的に思っております。

    実際の使用人口からトレンドマイクロなんかは延長サポートを始めたようですけど、あれも親切からではなく最近のwindowsについているwindows defenderで自分らが締め出されている事実に抗っているだけのようにしか見えません。

    んで、マイクロソフトじたいがサービス打ち切りというのは僕が思うには単に経営リソースの集中だけじゃないかなと。
    まぁ、ここに至るまでも延長してくれてたし「ご苦労さん」的な感じではあります。
    でも「新しいの使いにくくするからそうなるやん」って思う部分もありますし、その「使いにくいパソコン」のお陰で自分の余禄が増えているのも事実ですし、自分にとっては多面的な感じです。

    オフラインの32bitマシンもいいですよね。
    ウチではメモリを目いっぱい積んでUbuntu化させて「ネットとメールさえできればいい」という人に配ったりしてますw

    いつもいつも ありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です