缶コーヒー

新製品の缶コーヒー最近、大阪方面の方々のブログで
「タダでもらっちゃった~」の缶コーヒー。
こちらは未開地なせいか
しっかり最初から「売り物」です。

僕は昔から缶コーヒーを好まないのですが
さりとて
喫茶店の「場所代入り」のコーヒーも好まず
長いこと自分の家で淹れるコーヒーが好きだったのですが
最近コンビニのレジのところで淹れる簡易ドリップのコーヒーにはまりまして。
あれ、何か香料みたいなもんが入ってるのかね?
何ていうか
フェロモンに惹かれるような感覚があります。
あと、前に書いたサークルKのソフトクリームね。
で、その2つをセットで食後にコンビニ寄って買ってます。
熱いコーヒーにソフトクリーム。
合計223円。

好きな人には悪いけど
なんで缶コーヒーってイマイチなんだろう?
製法に関係があるんでしょうね。
できたてを密封された缶に詰めるから
イメージは美味しそうなんだけどねぇ。

そうそう
僕が好きなレトルトカレーですけど
(鍋を洗わなくていいし)
いろいろ食べ比べてますけど
世の中の評判と同じく「明治の銀座カリー」が突出して美味いように思います。

レトルトのカレーって
工場でカレーを炊いて、
あの銀色の袋に詰めていると思うじゃないですか。

どうも違うらしいですよ。
調味汁(ブイヨンとか)と具の材料をあの銀色の袋に入れてから密封して加熱して。
いわゆる、
あの袋の中に入れてから炊いてるらしいです。
意外ですよね。

いろいろ試して、そういう方法に落ち着いたんでしょうけど
そういう「埋もれた工夫」を考案した人
レトルトカレーだけじゃなくって
「周囲のすべてに創意工夫が埋もれている」とか思ってみると
何だか
誰もいない山林で
周囲の無数の「何か」がこちらを向いているような感覚になりますけど

やっぱり、これは何か自分の脳の病気では?とか思ってしまう。
「都会では新製品の缶コーヒーを配ってるらしいけど田舎では配ってません」
たった、それだけの事なのに。

0

旧ブログ

Posted by