ゆっくりしてっておくれ

さしみ天国

よこわいや~
昨日の天気は酷かったです。
丸一日嵐だったですわ~。

さて、イギリスあたりだと
「鮮魚って言っても海から揚げて5日とか経過してても普通」とか聞いたことがあります。
いや、天候が悪いと漁に出られないなとか考えたら
思い出しただけです。

さて、写真の上側の魚はヨコワと言いまして。
ヨコワマグロ。
その正体は独立した種類じゃなくて
クロマグロの幼魚です。
クロマグロは銀座の寿司屋なんかで出てくるイメージの一番高いマグロです。
トロなんかシマシマで~。
幼魚とはいえ、そういう素性なものですから
たぶん刺身にしたら多くの人が「魚類のうちで最も美味しいっ」て感じるんじゃないかなと思います。
成熟しきったクロマグロより、こちらの方がうまいと言う人も珍しくないです。

かたや下側の魚は「キメジ」って書いてありますけど
こちらでは「シビ」って言います。
刺身にするとピンク色で、あまり脂が乗っていなくて。
子供の頃は、これを出されると
心の中でガッカリしていました。
まぁ
味覚も変わって、今は好きですけどね~

「やがてクロマグロは国際的な漁獲制限の対象になり
食卓に上らなくなるだろう・・・」
って喧伝され始めたのは、もうずいぶん昔だったかと記憶しています。
でも2002年に近畿大学が完全養殖に成功して
まぁ成功って言っても、まだまだ商業ベースには乗らなかったんですけど
今もクロマグロの養殖は順調に進歩しつつある
(採算が合うようになってきている)
と聞きます。

夢のある話だなぁ・・・と個人的には強く思うのですが
「お前の夢は刺身だらけだな」とあざ笑う
もうひとりの自分がいます。

この記事を書いた人
コメント (2)
  1. もも より:

    お刺身大好きですけど、
    名札がないと、名前を当てることができません(*^^)v

  2. より:

    おはようございま~す。

    いえいえ、名前を当てるなんて魚業界関係者と水産研究者くらいなもんですから一般の方はそれでいいと思いますよ。

    ヨコワとシビは体表の模様やエラの横にある胸ビレの形の違いでわかるんですけど、そんな事を知っていても役に立ったのはブログ記事1本書けただけですw

    いつもいつも ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です