茶の木

度会茶(わたらいちゃ)最近長文が多いから今日はサラッと。
はい、これが茶畑。
一昨日、カーナビがいいかげんな道を指示したおかげで茶畑の中を歩くチャンスができたので。
茶畑の写真は仕事でも使うしね。
「転んでもタダでは起きない」という言葉、中学生時代に知ったのですが
ずっと大好きな言葉です。
こちらの茶栽培は平安時代から始まったそうで
日本茶の歴史そのものに近いものがありますね。
でも伊勢茶って全然ネームバリューが無いw
というわけで、先日書いた「ふぐ」と同じく
こちらは長いこと静岡茶や宇治茶に化けておりました。
でも、近年の産地偽装に対する監視強化の一環で
必死こいて「伊勢茶」という名前で売り出し中です。
茶畑からニョキニョキ立ってるのは扇風機。
霜が降りないようにする為のものです。

天に向かって両手を拡げる様に開いた若芽というものは、
なんだか生命力が詰まっているような
「のびしろ」を感じさせる
素敵なデザインだと思います。

全然短くまとまらねーやw

0

旧ブログ

Posted by