ゆっくりしてっておくれ

スーパーが好き

リュック背負って自転車に乗ってスーパーに炭酸水を買いに行きました。
そしたら時期が時期なので、うなぎを売ってました。
うなぎ
これとか

うなぎ
こんな感じ。
で、こんなのもあるんですね。
で、代替品の豚バラの蒲焼。
これはこれで子供とか喜びそうですね。
でも、あえて製品になっている必要があるのだろうか・・・
豚
あと、おからの蒲焼だって。
うなぎ型に成形してあって、見た目はまるでうなぎの白焼き。
おからのかばやき
タレと粉山椒付き。
皮は昆布で再現しているそうですw

ところで、「スーパー好き」と「スーパー嫌い」という男の分類法もあるんじゃないかと。
週末のスーパーの駐車場でエンジンがかかってる車には
スーパー嫌いのお父さんが待機してますね。
僕の場合は必要に駆られてですけど
シングルファザーをやる前からスーパーが大好きで
カゴ持って何周もする人です。
皆さんも既に知ってのとおりスーパーには個性があって
生鮮がよい店だとか
マスプロダクト製品で底値が多い店だとか
惣菜が比較的マシな店だとかあって
田舎は移動も大多数が車なのでハシゴする事も多いのですが
A店で遇った人に数十分後B店でも遇うと
何だか気恥ずかしい感じがします。
こちらにはデパートとかありませんし
商店数も笑っちゃうくらい無くて
概ね都会より不便ですけど
その分、スーパーだけは発達していて
老若男女いろんな人らで
いつも賑わってます。

この記事を書いた人
コメント (6)
  1. ぷー♪ より:

    おから蒲焼www
    うなぎは高くて買えないから おから蒲焼というのなら、余計に虚しくなりそうですね(^_^;)

    先日の台風で休校になった日。
    ちょうど給食が【行事食・土用の丑&ふるさと給食の日】で、うなぎの蒲焼が出る予定だったの。
    パッション、「うなぎ食べたかったのに!!」って言ってましたwww
    ちなみにデザートは、三ヶ日みかんゼリーw

  2. より:

    おはようございま~す。

    そうそう、おから蒲焼なんですよ~
    これが、なかなか見た目の再現度が高くて笑いました。
    普通の奥さんが「今夜のおかずにしよっ」ってところを「明日のブログネタにしよっ」って写真撮りました。
    「おから蒲焼き」で検索すると全国の物好きの食味レポートが読めますけど
    「やっぱりおからはおから。だけど、これはこれで美味しい」って好意的なものが多かったです。

    あ~、パッションちゃん残念。
    「食育の一環として地元の特産品を・・・」ってやつですね。
    すげー、そっちは確かにウナギですわ。
    よりによって、そんな大切な日が休校日って・・・
    ま、パッションちゃんらが大人になる頃はウナギの生息数減少問題も解決されているかと。
    日本は食べ物が関わると特にヤル気を出すから、きっと大丈夫ですよ。

    いつもいつも ありがとうございます。

  3. あんず より:

    やっぱ網さんもそっち系ですよね
    ほんとスーパーは楽しいくって発見も色々あってパラダイスです。
    今6店舗程お気に入りのスーパーがあって、何を買うならココ。

    青果系からスーパー展開している所や
    日曜大工系、はたまた雑貨系ドンキーなど色々ありますが、青果系だから野菜が豊富で安いとは限らない所が、拘りスーバーおかじさん何処へでも出没の要因になっているんですね。

    同一な店舗展開でも地域性があって日本で1番のスーパー表参道の紀伊国屋 あそこは並じゃない。
    でも他の紀伊国屋はそこそこ。
    イオン、ヨーカ堂、紀伊国屋、東急、大丸ピーコック、ダイエー、西友、オオゼキ、オリンピック、ハナマサまだまだ沢山ありますが書き切れません。

    普通地域に2から3店のスーパーがありますが、あたしは時間があれば車飛ばして足を伸ばして近隣地域まで。

    あんずはスーパーおじさん
    網さん筋金入りなスーパーおじさん

    庶民なスーパー行ったら保冷剤くれないから、せっせとスコップで氷入れないと今の時期はです♫

    いゃあ長くなっちゃった♫
    (^^)

  4. もも より:

    岡山で密かに人気です♪
    豚のかばやき。うなぎのたれで、めっちゃ美味しいです(*´∇`)

  5. より:

    こんにちは~

    そうそう、あんずさんは間違いなくスーパー大好き系ですよね。
    わかってますわかってますwww
    てか、僕が行きつけのヂャスコに一緒に行ったですもんね。
    そうだ。
    スコップで氷、ザクザク入れましたもんね。
    今日のウナギやら代替品は全部、そこのヂャスコで見たものです。

    そういや、オリーブだのチーズだの、保冷バッグに入れて持ってきてくれたじゃないですか。
    あんなの見たこと無かったものですから
    世の中には、おしゃれな食べ物があるものだなと感心しながら頂きましたわ。
    そういう意味では都会に太刀打ちできませんね。

    で、そうだそうだ。
    例を挙げてくれたあんずさんお得意のスーパーのうち1店舗は偶然、僕も東京在住時代に使ってたお店ですしね~。

    楽しいスーパー巡り、もっと広まって
    趣味として認知されると面白いんじゃないかなとか。
    本屋に「憩いのスーパー巡り 東京編」とか
    「全国200選 個性派スーパーを堪能する旅」とか雑誌が出るようになると運営者・利用者の相互作用で、もっともっとスーパーが面白くなるような気がします。

    いつもいつも ありがとうございます。

  6. より:

    こんにちは~

    さようでござりますか。
    僕は「かばくろ」という単語を初めて目にしたので調べてみたら
    ・黒の下地に赤文字、梅鉢マークのお店の看板メニューを指すようだ。
    ・お店の名前は「豚蒲焼専門店かばくろ」複数の店舗がある(フランチャイズ?)
    ・セブンイレブンで「かばくろ総本店監修ぶたかば重498円」が弁当メニューに採用された。
    ・豚蒲重並500円から豚蒲重上大盛り800円までのリーズナブルな商品ラインナップ
    ・ご飯を1キロ使ったバカ盛り700円が存在するが、食べ残すと店に罰金200円を払わなくてはならない。
    ざっと、こんな感じの認識ですが間違ってないでしょうか?
    ももさんは草食イメージなのでギラギラ照ってる豚蒲焼を教えてくれてギャップに驚いてます。

    豚肉を買いに行きたいのですが行きつけの肉屋さんは定休日なので買い置きの漬物とツナ缶で食べようと思います。

    いつもいつも ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です