今は走り続けるしかない。だから

道というわけで唐突ですが

だから、あすのことを思いわずらうな。あすのことは、あす自身が思いわずらうであろう。一日の苦労は、その日一日だけで十分である。

「山上の垂訓」というパートに含まれる部分としても親しまれておりますが、実に慈愛に満ちた言葉です。
いったい、どれだけ「明日が来るのが怖くて寝付けない夜」を過ごしただろうか。
まぁ余計な事を言うと主旨がブレるので、これで応援に代えさせてもらいます。

0

旧ブログ

Posted by