ゆっくりしてっておくれ

インドのレトルトカレー

インドのレトルトカレー昨日のお昼は、
前にスーパーでカゴに入れたり戻したり数十分も買うのを悩んだ高級シーチキン278円を食べようと思ったのですが
事務所からエアコンがきいてない居間に行ったら気が変わって
レトルトのインド直輸入カレーにしました。
ちなみに、そのカレーは248円くらいだったのですが
僕の頭では金額そのもの(絶対値)よりも
シーチキンの278円=超高級品(安いのが3缶買える)
カレーの248円=少し贅沢
と相対値で判断している模様。
で、レトルトのを袋から出して4分チンして
食べてみたら、そこそこイケる。
外箱にはモスリムの人用のハラル認証とか
ヒンドゥの高カーストの人用のベジタリアン表示とかあって
そういえばダシは、どうなっているのだろう?
普段、我々が料理する時は
それが夏野菜だけのブイヤベースとか
肉無しで作っても
手っ取り早くカツヲなりブイヨンなり、何も考えず動物性のダシに頼るじゃないですか。
そこが気になりつつパッケージ裏の材料を見たのですが
主原料のヒヨコ豆以下はズラリとスパイスが20種類くらい列記されてるだけ。
いわゆる人工の香料や調味料すら記載されてなかったです。
これには驚いた。

「日本のレトルトカレーはインド人にも大人気」とか聞いたことありますけど
このインド製の完全ベジタリアン仕様のも
普通の日本人が食べたら「ひと味」足りないかもだけど
それでも結構イケると思いますた。

素材のチカラと人類の技巧、
食べることへの執念、探究心に感謝ですね。

0
この記事を書いた人
コメント (2)
  1. もも より:

    昨夜は夏野菜カレーを作って食べたところです
    ルーはバーモン○カレー甘口
    (*^□^*)

    本場のお味には無縁です
    レトルトあるなら探してみようかな
    カレーには辛さ(甘さ?)が一番の基準でしたけど、こくも大切なのですね
    美味しいカレーを食べてみたいです

    0
  2. より:

    おはようございま~す

    反応、早っwww
    国内で販売されている代表的なカレーの「辛さ度」みたいな表、
    横棒の両端が「甘い」から「辛い」の間に馴染みのあるカレーが配置されているのを見たことありますけど
    バーモ○トカレー甘口って最も甘い方でしたよ。
    ももさんのイメージには合ってますわ。

    今回紹介させてもらったカレーは業務用食材店で買いました。
    大手だけかもしれませんが
    最近は、安っぽい支那産の変な加工食品だけじゃなくってエキゾチックなものも置いてあって楽しいですよ。

    カレーは日本カレーに限定しなければ無限のバリエーションなので味わう楽しみに加えて試す楽しみ、冒険心が満たされるような感じがします。

    いつもいつも ありがとうございます。

    0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です