てふ論 後編

ヂャス湖台風が去って、お約束の超晴天。
夕方、近くのヂャスコに買い物に行ったら
いつもどおり、駐車場の1/4が池になっておりました。
そこで僕は、思わず「ジャス湖・・・」とつぶやいて
何だかこみ上げてくる
己のクリエイチブさに身震いしました。

というわけで
湖とヂャスコでまたまた続きを書きたくなってしまったので
僕は1話完結が多いのですけど
たまにはテフロン鍋の続編です。

でですね。
ヂャスコの2階の日用雑貨売り場とかホームセンターにテフロン鍋とか買いに行くわけですよ。
すると数種類売ってるじゃないですか。
まるで、湖から姿を現した女神さん。

「あなたが買いたいフライパンは特売品680円のですか?
それともダイヤモンドコート4層の最高級品3780円のですか?」みたいな。

値段の違いは
1 構造的なもの:ガス専用か電磁コンロ対応(底にメタルが貼ってある)か。
2 コーティング:種類とか厚さとか層構造

で、いろいろあるワケですよ。
ま、一般的には構造がシンプルなガス専用が安いとか、
コーティングは厚いとか多層を長持ちの理由に挙げていて
「高いものは長持ち」な傾向ですかね。
でも自称なんですよね。

僕、昔は あんまり考えず高いのを買ってたんですけど
数年前に「本当か?本当に長持ちか?」って思って実験したら
そりゃさ研究所とかで耐久試験するのと
家庭で子供にも使わせてるのとでは全然違う。

で、結果は「安物と比べて能書きほど差が無い」でした。
これは3年位前にここで書いたな。
なので安いものを、性能落ちたと思ったらとっとと替えるのが費用対効果に優れると。
その考えは今でも変わってません。

ご静聴ありがとうございました。

0

旧ブログ

Posted by