ゆっくりしてっておくれ

オナモミ 絶滅危惧種

子供の頃、野山を、
いや、野山まで行かなくて
ちょっとした空き地でも
ひっつき虫っていう草の実あったじゃないですか。

いろいろタイプがあるんですけど
写真みたいなの。
オナモミっていうやつ。

エロくないのに、ちょっと口に出しにくいw
字面もなかなかのものね。

これがもっと枯れてきて
こげ茶っぽい感じになると、よく くっつくね。

あれがですよ
なんと絶滅危惧Ⅱ類になってて
近畿地方や東京都、高知県では既に絶滅しちゃってるんですって。
驚いた?

まぁ僕は「べつにいいですよ」って思ったんだけど
記事書くのに調べてたら
何だかよさげな漢方薬・生薬らしくて

蒼耳(そうじ)って名前で全草を干して使うんですって。

あいつ、実はいいやつだったんだ・・・みたいな。
【11月02日の夜に追記】

えー、コメントの補足に追記させてもらいます。

この記事を書いた人
コメント (6)
  1. 83ちよとも より:

    近畿地方ですでに絶滅だなんて知らなかったぁ!

    わんこを散歩させて帰ったらいっぱい付いてたり
    ひっつき虫つけて~って笑いながら母親が子供に付いたひっつき虫を取ってやる風景もなくなるの?
    どこにでも付いてくる人を、この人はひっつき虫だからって、ひっつき虫って言葉自体もなくなっちゃうんじない?
    寂しいなぁ?

  2. もも より:

    米粒みたいな大きさで、同じようにお洋服やタイツにくっつくタイプありませんでしたか?
    どこ通って帰ってきたの!って叱られた記憶が…(^o^;

  3. より:

    こんばんは~

    そうなんですよ。
    ちよちゃんが火山灰かぶっている間に大阪では絶滅したそうです。
    わんこを散歩って、犬も飼ってたんですか。
    てっきり自分同様、猫専門かと。
    まぁ自分同様って、飼わないけどw

    幸い、日本人は記録魔かつ、
    けっこう流行語以外の言葉の寿命が長い傾向にありますので
    軽くまだ千年くらい後でも使われてそうな気もします。

    それでは、次の里帰りの時に
    そちらから種子を持ち帰って、ひっつき虫絶滅の危機から大阪を救った功績で
    銅像でも建てていただくのは、いかがでせうか。

    いつもいつも ありがとうございます。

  4. より:

    こんばんは~

    そういえば、ひっつき虫の仲間も数種類いましたので
    「意識合わせ」ということで、よい画像を拾ってきたので
    ブログ本文に追記させてもらっときましたw

    ももさん言うてるの米粒っぽいって6か8でしょうかね。
    「どこ通って帰ってきたの!」ってwww
    動物並みですなw
    ちなみに、ウチの敷地には3が自生してまして
    極小の枝豆っぽいやつ。
    夜中帰ってくる息子らのズボンにたくさん付いてまして、それで発覚。
    半月前に抜いてやりました。

    9も、よく見かけますよ。
    生えてる時は球形のカタマリで、何だか「悪いタンポポ」みたいな外見です。

    いつもいつも ありがとうございます。

  5. もも より:

    >網さん
    たぶん、6か8か9です
    どうして発覚したのか、大人の目はごまかせないなぁ・・・・って恐縮した記憶がよみがえりました
    (*^。^*)

  6. より:

    こんばんは~
    だか、
    おはようございま~す
    だかw

    結構昔のお話なんですね~
    でもさ、小さい頃から考えが深かったのか~
    そういうの、あこがれてましたわ。
    三つ子の魂何とやら。
    ももさん地頭いいですもんね。

    自分なんか「あ、ひっついてる」以上。
    せいぜい脳みそフルで動かしても
    「あ、ひっついてる。取らねば」くらいですよ。
    ウニとかヒトデと変わらんくらいの思考レベル。
    いつしか、そういうのに気が付いたんですけど
    何とか、無意識のうち考えを掘り下げるように努力はしてるんですけど、なかなか・・・

    それでは寝ます。
    おやすみなさーい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です