ペットは野生動物

おじとカモメ昨日の未明から、雨がしとしと降り続けています。

さて、昨日の養殖ネタに続いてもう少しだけ。

僕のおじは81歳。
漢字で名前を書くと僕と1文字しか違いません。

志摩の内海に「いかだ」を浮かべて養殖場をやってるんですけど
陸上の作業小屋にはネコが数匹エサをねだりに来ます。

海上では、写真のように
大きなカモメが(翅を伸ばすと結構デカい)海面に着水したと思ったら
おじの小船めがけて泳いできます。
こいつもエサねだり。
アラレが大好物だそうです。

もう10年くらい前の話ですが
おじと僕はいつもより遅い時間に作業を終えた夏の夕ぐれ。
「養殖いかだ」につながる桟橋で、
おじが「そろそろタイが来るぞ」と。
僕は魚網とか運びながら適当に聞き流してたんですけど
おじが言ったとおり桟橋の下に大きな黒鯛が姿を現して
おじがせんべいを割って落とすのを食べはじめて
僕は腰を抜かさんばかり驚いた事がありました。

釣りをする人には常識なんですけど
黒鯛は魚の中でも特に警戒心が強いのです。
それを餌付けしちゃうんだから、大変驚いたというワケです。
翌年の同じ時期にタイの事を聞いたら
いつしか来なくなったとのこと。

そんなフレンドリーな鯛だから釣られちゃったか
それとも、結構大きかったから天寿を全うしたか
知る由はありませんけど
おとぎ話みたいなシーンを実際に見ることができて
僕の心に何か残してくれました。

0

旧ブログ

Posted by