ゆっくりしてっておくれ

プロジェクションマッピング

プロジェクションマッピング先日、お客さん(おねいさん、美人、頭いい、スタイルいい)からメールで頂いた仕事依頼のなかに
仕事とは全然関係無いけど
「USJのプロジェクションマッピングが凄い」とオススメしてくれてたので
早速探したら案の定YouTubeにあったので
観てみたら、ストーリーとか台詞はクサ過ぎてアレですが
終盤はエンジェルが舞い踊りで竜宮城状態。
視覚的音響的には、なかなかよい。
http://youtu.be/Dj5W_LGaY_I

ついでにネズミ園のも
http://youtu.be/41LqdoCn_P0

両作品には花火も効果的に使われていて
それで関連して思ったのですけど
昔、自分が長年酷い目に遭いながらやってきた花火ってのは
大衆鑑賞芸術(造語w)として
まったく不完全なものだな・・・とか思いますた。

この記事を書いた人
コメント (4)
  1. もも より:

    大曲の大会を思います
    衛星でみれるけど、やっぱりいつかは花火師の心意気を腹にどーんと、受けてみたいです

    壁どん……こっちもいつかは…(*´∇`)

  2. より:

    こんばんは~

    只今、外から帰ってきました。
    言いましたっけ?
    大曲も毎年出場してますよ~
    僕は行ったこと無いですけど。

    あぁ、「腹にどーん」ならですねコツ教えます。
    三方が山に囲まれている様な地形の場所で昼食夕食を抜いて観に行くと体験できますよ。

    僕らは支度が遅れていて食事をとれない事が珍しくないので、よくありました。

    流行語化しつつある「壁ドン」は、伝説の本家レオパレスさんも自虐ギャグを始めたそうですね。
    http://www.leopalace21.com/special/kabedon-girl/index.html

    いつもいつも ありがとうございます。

  3. minaminooka より:

    USJのプロジェクションマッピング楽しみました
    いいものを教えていただいてよかった!

    でもワタクシには芸術性についてはよくわかりませんがやっぱり花火の方が好きかな~

    完ぺきなテクノロジーよりも余韻の煙
    開催場所の空気やにおいなども含めて
    花火に惹かれます

    この感覚は若いお姉さんにはなく
    歳がいったということでしょうか(>_<)

  4. より:

    こんばんは~

    いやぁ~
    僕の寝起きのつまらない思いつきに
    深い洞察のうえのご意見を頂きまして
    深く深く感謝です~。
    mihoさん、ありがとうございます。

    さてさて、僕は長いこと花火師をやりながら
    一応、経験から得たノウハウで設計とかあるんですけど、偶然に頼る部分も多々ございまして。

    具体的な例を話すと長くなっちゃうのでアレですけど

    周囲の評価(ヨイショ?)とは別に
    自分は危険な目に遭って、いったい何をやってるんだろう・・・
    火の粉が飛び交う中、現場の立ち入り禁止エリアを走り回りながら思ってました。

    「ある作品」を観て、各人いろいろ思うのでなく
    多少のバラつきは結構なんですけど
    方向としては作者が意図した方向に思いを馳せていただきたい・・・

    とか思ってましたけど、視野が拡がりました。

    若いおねいさんでは、及びもつかないことです。

    そういう深さを言い換えると魅力といいますよねw

    いつもいつも ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です